2018正月の句

あけましておめでとうございます。
今年もこのブログを読んでいただきありがとうございます。
もう、1月6日だけどまだ松の内なので、正月気分。

しかし、毎年この時期は師走なのか正月なのかと迷ってしまいますと、毎年書いている気がする。つまり、旧暦ではまだ師走なのだが、どうしても正月は新暦にあわさなければ世間とずれてしまう気がすると言事だ。
お盆などは、東京の新暦のお盆が受け入れられないで、旧暦か月後れでやるところが多いのにである。

ということで、今年の年賀状の文言は、

 

明けましておめでとうございます

 

新年をお変わりなくお迎えのことと、お喜び申し上げます。

 

当方は、あまり代わり映えがしませんが、今年は何かを新しくやり出せないかと考えています。

 

 自転車・クライミング・俳句・???

 

昨年中はお世話になりました。

 今年もよろしくお願いいたします

歳旦三つ物は角川春樹さんに敬意を表して、

 

初春の花の扇をひらきけり 春樹

 年酒の杯に金箔の舞 石人 

踏みしめる土にリズムや寒明けて 石人

Dsc01782_1 今年は少し寝坊して初日の写真はなし、誰もいなくなった近所の稲荷神社の風景です。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/66248251

この記事へのトラックバック一覧です: 2018正月の句:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。