« 猿との遭遇 | トップページ | ジムで調整 »

2010年2月23日 (火)

御岳と青梅マラソン見物

日曜に御岳に行った。今回は、ジム仲間のTさんとHさんが一緒。といっても両名は、飲み仲間の青梅マラソンを応援することも目的の一つとのこと。

じゃあというので、8時頃に御岳の駐車場着。早速、とりあえず両名の気になっているというデラシネボルダーに向かう。寒さはそれほどでもないが、やはりまだ2月、デラシネの岩は上のほうに霜が降りている。狭っこしいトラバース課題でウォームアップ。トラバース往復や4級の課題を触って適当にウォームアップ。Tさんは気になっていた4級を登って、Hさんはやさしいところを登る。
林の間から太陽が照ると、霜がきらきらしてきれいだった。

ウォームアップを適当に終えて、青梅マラソンの応援に行きやすいのは、溶けたソフトクリームかデッドエンドかということで、デッドエンドに向かう。

デッドエンドに着いてしばらくすると、声をかけられる。見ると、以前ジムでよく一緒になったA君だ。A君は当時学生だったが、卒業して就職と同時に都心のほうに引越し、ジムも都心に近いところに行っているとの前に聞いた。それにしても御岳での遭遇率が高い。

デッドエンドでは、相変わらず勅使河原美加の半生を触るが、相変わらず進歩が無い。

Ts3h01080001Tさんは、デッドエンドにトライするが、一手目で結構苦労している。
僕もそ うだったよなあ。一手目を右手でとるのに体が左を向いているのでホールドを目で見にくく、手探り状態になるんだね。

そうこうするうちに、対岸の青梅街道をランナーの姿が見え隠れしてくる。
TさんとHさんは、そろそろ仲間の応援に行くというので、自分もレストがてらマラソンを見に行く。

青梅街道は、ランナーが途切れずに走っている。中には、さまざまな衣装を凝らした人がいて目を楽しませてくれる。
出色は、デビルマン、たいていの着ぐるみの人はそれでも走りやすそうな格好だが、デビルマンは背中に翼?をつけている。(写真を撮り忘れたので、想像してください。)
両名の仲間が一人 また一人と走ってくる。去年は、Tさんも走っていて、僕も応援に行ったのだが、あまりのランナーの波に見つけることができずに、あきらめたのだった。
まあ、こんなに走る人がいるんですね。結構年配の方も多い。元気だなあ。ボルダリングに比べたら何倍も大変そうだ。自分が昔ジョギングをしていた頃は、10km20分以上かかっていたものだ。

応援後は、古里のゴール地点に行くという両名と別れて、また、岩に行くことにする。前回の立ち鵜と忍者クライマー返しを夫々やってみるが、勅使河原でもう目一杯になったのかどちらもまたまた進歩なし。結局16時頃に御岳を後にする。

|

« 猿との遭遇 | トップページ | ジムで調整 »

コメント

先日はありがとうございました。
デッドエンド、面白いですね。
忍者より私好みかも。
でもあの一手はやはり苦戦するのですね…
ジムで新たに3級落としたので、外岩も頑張らなくちゃ!

投稿: TNK | 2010年2月25日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御岳と青梅マラソン見物:

« 猿との遭遇 | トップページ | ジムで調整 »