« 背中は完治とした 尾根幹サイクリング | トップページ | ナビスコ杯に望みをつなぐ »

2010年6月 6日 (日)

久々の御岳

昨日は背中の怪我以来久しぶりに御岳に行った。
朝早めに起きたのだが、ジロデイタリアの再放送を見てしまい遅めの出発。
御岳に着いたのは、昼を回っていました。

さすがに、もう季節はボルダリング向けで無いので忍者返し岩の前にもマットは数枚置いてあるだけ。人も数人いるだけと静かな御岳でした。
着いて、いつものように忍者岩手前の岩に登って、持参したおにぎりを食べて腹ごしらえしたが、岩の上から見る川の流れも何となく暖かげ岸辺には緑の藻が繁殖していました。

まずは、とにかく忍者クライマー返しに取り付くが、クライマー返しのカチをしっかりとれずに落ちる。まあ、久しぶりなのでしょうがないか。
2,3回目にカチをしっかりとることが出来、左足を上げて右足を高いところに上げたつもりが全然体が上がらない。で、飛び降り。

それを見ていたSさんから、右足の位置が低いと指摘される。やはりね。どうも自分でも啼きか違うと思ったはずだ。しかしその後は結局カチが取れずに終了。

帰り際に、ジムで一緒になるN君がやってきた。忍者返しをやっているN君にちょっとアドバイスしたりして最後にと忍クラをやろうとしたがよれていて忍者も出来ず。

気晴らしに蛙のスタートをやってみる。最初はだめだったが、最後のほうにはコツがつかめたが指さきが痛くてこれもお終い。

まあ、久しぶりに良く動きました。

コースはいつもと帰りを少し変えて 自宅-陵南公園-戸板峠-小峰峠-五日市-梅が谷峠-御岳-梅ガ谷峠-五日市-小峰峠-秋川街道直進-八王子市役所-自宅

走行距離 67.8km 平均22.3km/h

Ts3h0195

|

« 背中は完治とした 尾根幹サイクリング | トップページ | ナビスコ杯に望みをつなぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の御岳:

« 背中は完治とした 尾根幹サイクリング | トップページ | ナビスコ杯に望みをつなぐ »