« 瑞牆のちジム | トップページ | 忙しい土曜日 »

2010年7月11日 (日)

御岳のちジム

昨日は梅雨の晴れ間で、朝起きると陽が差していた。
夜中過ぎまで、雨が降っていたのでコンディションは悪いだろうなあと思いながらしばらくぶりで自転車で御岳に行くことにする。

出発はなんだかんだで9時半過ぎ、往きはいつもの通り。
忍者返しの岩に着くと、さすがにこの季節しかも雨上りと来て人は4名しかいなかった。子供返しをやっている2人と、うち一人と一緒に来ている人。いつもお会いするSさん。

Ts3h0241 岩のコンディションはやはり良くない。忍者返しのスタートをはじめ、染み出しが多く新聞紙を詰めて乾かそうとしている。岩全体も何となく湿っている。風は吹いているし、湿度も高くないのでそのうち乾くかもしれない。

川は増水しているが、登るのに問題は無い。ラフティングやカヌーの人が楽しそうである。

とりあえず、忍クラを触ってみるがどうもぬめりが気になって上手くいかない。
人は、2人連れの仲間の人が加わり、さらに単独の人が来て、自分を入れて総勢7名になる。でも、両手の指に余るほどなんて久しぶりだ。
結局、昨日は何をやってもだめでモチベーションがだんだん下がってくる。岩に寝転んで樹冠を見上げる。

Ts3h0242_2 子供返しの2人は、単独の人が最初に登り、次にもう一人も登る。
単独の人は、その後変形忍者をやっている。私は、子供返しのスタート後右手の小さなカチを取って体制を整えてから右手で斜めカチをとるが、その人は、子供のスタートで左足を大きく開いていきなり右手で斜めカチを取るムーブでやっている。これは、やってみると難しい。

結局、2時間半ほど御岳にいて帰ることにする。実は、家を出るときから岩のコンディションも悪いだろうから少し触ってから、ジムへでも行こうかと思っていたので、帰りは峠越えを避けて、多摩川経由で帰る。


ジムに着くと、結構疲れているのでどうしようかなと言う気になるが、ちょうどジムのオーナーと関係者が来て、やっていかないの?と聞かれたのでやはり、寄って行くことにする。

ジムの中は、冷房が聞いていてとても涼しい。
しかし、やはり足に来ていて左足が攣り気味になる。
先に着ていた人と、セッションをするが左足が攣ってだめ。足のストレッチとマッサージをする。そうこうする内に、知り合いが来てまたセッションになる。左足はまだ気になるがなんとかごまかしながら参加するうちに、8時となってジムの終了時間になる。

なんだかよく遊んだ一日でした。

梅雨晴れや木の葉を透かして空を見る

自宅-多摩御陵参道-戸板峠-小峰峠-五日市駅-梅ヶ谷峠-忍者返し岩-吉野街道-小作取水口-羽村堰-多摩川サイ-国道16号-ひよどり山トンネル-ジム-自宅

走行距離 73.9km 平均22.2km/h








|

« 瑞牆のちジム | トップページ | 忙しい土曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御岳のちジム:

« 瑞牆のちジム | トップページ | 忙しい土曜日 »