« 忙しい土曜日 | トップページ | 海を見に行く »

2010年7月20日 (火)

瑞牆と小川山

 連休は、ジム仲間のSさん、ヒゲのKさんと一緒に瑞牆と小川山廻り目平に行った。瑞牆には、同じくジム仲間のMさん、T君とその友達も参加。

ジムの前からSさんの車で出発。途中ヒゲのKさんを拾ってMさんとの待ち合わせのパーキングに向かうが、混雑のためその先のパーキングで合流。

瑞牆に着くと、とりあえず阿修羅へ向かう。阿修羅はやはり濡れていてコンディションが良くない。スタートもポケットの水を拭ったりして何とか離陸できる状態にするがとても進められる状態ではない。
まあ、Mさんは瑞牆が初めてなので紹介がてら阿修羅を触ったと言うことにして、ちょうどイTs3h0247 ンドらをやっている人が居たので一緒に触らせてもらう。まあ、難しいこと、離陸も出来ず

インドラをトライするMさん。


















Ts3h0248 つぎに、やさしいところと阿修羅への入口近くにある石の右側のラインを適当に触る。シットダウンでスタートし、右に抜けるラインをとりあえず、やさしめの3級としてMさんSさん自分の順で登る。

3級のSさん。















次に、皇帝岩を見た後、クリカラに向かうが途中千里眼の横の2級で遊ぶ。ちょうど通りかかった5人連れと一緒にランジ課題をやる。結局MさんとSさんが登ってそこは終了。前から気になっていた、大黒岩の隣の石のカンテ(3級)を皆で触るがいまひとつムーブが判らず、虫が大量に出てきたのでクリカラ・からくりへ。

うろに入りに からくりをやるというSさん、T君。クリカラは人気課題で数名の人がやっているのにMさんと私も混ぜてもらう。この課題は、以前一人で来た時に課題名も知らずに触ってみたが、離陸も出来なかった課題。今日は、人が多く、マットが重なっていて、何とか離陸は出来たが、先のクラックへは手を出せるだけ。とてもホールドできない。

からくり組みは、ユーチュ-ブで見たというとんでもないムーブを試している。

からくりのT君

日曜は、それでお終い。
日帰り組のMさん、T君たちと別れて、ヒゲのKさん、Sさんと私は、不動沢でキャンプ。テントを張って風呂に入りにみずがきランドへ、ところが着くとサイクリストが軒下で食事中あいにく閉まっていて彼らもがっかりとのこと。急遽、増富の町営温泉へ帰りに買い物をして、不動沢で買った食材で煮込みうどんを作って、小宴会。

月曜は、パン屋のとり隊長ことKさんと9時にくじら岩で待ち合わせのため、廻り目平へ。

廻り目平の駐車場で、知り合いに会ったりとり隊長に会ったりで、ゆっくりくじら岩へ。何と連休中なのに空いている。
まずは、エイハブ船長を触るが10ヶ月ぶりでまだしっくりしない。
空いているついでにと、穴社長のスタートもやってみる。こちらは何回かやるうちにスタートは出来るが、2手目のポケットが取れません。足の位置が良くわからないで足・足と探して2手目を出そうとするが手が出ません。

Ts3h0254 そのうち、D輔ことSさんたちがK君連れでやって来て、リーダーの穴社員トライなどを応援する。私は、常々穴社長よりエイハブ船長の方がやさしいと思っていいるんですが。。。

エイハブ船長は、その後他の人を見ていて右手の飛ばし先の位置がどうも奥過ぎたようなのに気づき、手前のふくらみにスタティックに出すとぴたりと止まる。右足を大きなポケットに入れるところまでは出来たが、左手の縦カチが保持できなくなり落下。
まあ、でもムーブが判って次につなげられるトライでした。


エイハブ船長の私。

結局、その後はまったりとおしゃべりをして、本日終了。

連休の渋滞が酷いだろうと、とり隊長のパンとD輔さん手作りベーコンをお土産にいただいて当初の計画通り、13:30ころには廻り目平を後にする。

帰りの余談。
やはり渋滞は酷いもので、何とか避けようと下記ルートで帰る。
廻り目平-信州峠-須玉インター-甲府南インター-広域農道-笹子峠-酷い渋滞-大月駅裏-猿橋-上の原迂回路-和田峠-ジム
大月インター手前の渋滞はインターから出てくる車が多く発生したものだろうが、あとは順調に走り、それでも4時間半ほどかかりました。










瑞と牆
瑞牆

|

« 忙しい土曜日 | トップページ | 海を見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆と小川山:

« 忙しい土曜日 | トップページ | 海を見に行く »