« また久しぶりの友と会う | トップページ | 山のOB会 »

2010年9月 7日 (火)

廻り目平うどん

日曜は、ジムの仲間と小川山に行った。

直前参加のM君を含め総勢7名。初めて小川山に来る IさんとO君も参加。車2台で途中境川パーキングで合流し、廻り目平へ。I20100905
とりあえず、コーンケーブをやりたいというTさんを尊重してビクターへ。
ビクターには既に数名がいてコーンケーブや三日月ハングをやっている。
私も、三日月に参加させてもらう。それまでに三日月を触っていたのは、3名の女性。皆、右の方から取り付いているが、私は右は割愛していきなりカチからスタート。3回目くらいから三日月をきっちり保持できるようになったが、左手をスローパーに飛ばしても全然保持できずに2-3回落ちる。
これは、燃料切れかなと缶ビールを開けて燃料補給をする。すると、燃料補給のつもりがよれを増長させたようで、スタートも出来なくなる。
そうこうする内に、女性3人のうちの2名が登ってしまう。よく見ると、三日月を持ったままの足で左手を飛ばしてスローパーを取っているではないか。私はというと、三日月を取ってからまず足を右左とスローパーの方へ移動してから取ろうとしていたのだった。それだと、体が近すぎてスローパーを保持するのに余分な力が必要で、その力の無い私は落ちたのだ。
結局、ビールを1缶飲んで、三日月はあきらめキャンプ場に移動。
20100905
実は今回の小川山は、ボルダリングもともかく、おいしい昼食を食べようと、TさんとHさんが計画して昼にうどんを食べることにした。
具たくさんのうどんを作って、皆でおいしく食べる。
IさんもO君もこれには満足。
野菜を切ってきてくれたTさんに多謝。
量が多く、胃が疲れるほどの昼食でした。できれば、次は泊まりでこういう食事をしたいものです。M君は、そのまま昼寝。

昼食後は、くじら岩に移動。
私は、エイハブの完登をめざす。くじら岩には、いつも忍者返し岩で合う方がいて、お互い珍しいねと言い合う。
で、エイハブはというと、10回ほど触るが、うち3-4回はだめトライ。うち4回は、左手のスローパーからさらに左を飛ばしてこぶをとることが出来ずに敗退。
最後のトライで、見ていた方から右ひざに乗り込んで左足をポケットから切って飛ばせばこぶが取れると教えてもらうも、よれていて出来ず。
結局、それでエイハブは終了。
結局、その後皆とやさしいところでワイワイやって夕暮れに廻り目平を後にしました。
帰りは、大月から先渋滞なので、大月で高速を降り、裏道を駆使して八王子に帰着。

写真上 Iさん初めての外岩
写真下 うどんの人たち

次こそエイハブと三日月だ。

|

« また久しぶりの友と会う | トップページ | 山のOB会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廻り目平うどん:

« また久しぶりの友と会う | トップページ | 山のOB会 »