« 西沢渓谷:紅葉狩り | トップページ | 紅葉の御岳 »

2010年11月14日 (日)

久しぶりの瑞牆

土曜日は先週延期となっと瑞牆に行った。ジムに朝6:30に集合して車2台6名で行く予定が1台2名が来ない。それじゃあということで、車にマットを3枚積んでリヤウィンドウがふさがれた状態で出発。メンバーは、ジムのKさん、Two MonksのSさん、N君と私。ちょうど紅葉のシーズンで中央道は車が多い。八王子西インターで圏央道経由で行くが、中央道に行くまでに既に渋滞している。

まあ、それでも芝生広場に9時過ぎに到着。早速、高野聖へ向かう。高野聖には誰もいない。まずはスラッシュフェースとストレートフェースを見に行ったり、ウォームアップにトラバース課題をやろうとマットをセットなどしたり、ストレッチをしたりしていると、別便でやってきたジム仲間の指の強いS君、リソールYともう一人S君がやってくる。

早速皆で、トラバース課題を触りだす。これが結構難しく、核心の辺りで昔登ったというY君もムーブを探っている。結局、適当にウォームアップしたということで、高野聖に取り付きだす。YはS君を連れて、スラッシュフェース。Sさんは、ストレートフェース。

高野聖は、相変わらずスタートムーブを繰り返すのみ。何回かやるうちに右手を一手目のポケットに出せるようになるが、どうしてもデッドでとることになり保持できない。

そうこうする内に、数名ずつのボルダラーが2組やって来てずいぶんと盛況になる。そのうち幾人かは、百鬼夜行をやりだす。

強い人たちだ。前回、小川山で会った強い女性もいる。


201011131 しばらくやっても、だめなのでストレートフェースに行ってSさんと一緒にやってみる。これも、簡単そうなんだが左にある岩が邪魔でムーブが限定されてしまう。

なんだかんだで、結局スタートを試行錯誤して、先に進めない。

(写真は、ストレートフェースのSさん)



また、高野聖に戻るがこちらも、スタートだけ。

そのうち昼時になったので、持参したうどんを作って皆で食べる。といっても別便の3人は持参の昼食を食べる。うどんは、まあまあの出来だったが、お腹が空いているので皆さんおいしいといってくれる。お世辞でも嬉しいものだ。
昼を食べてまた一登りじゃなくスタートムーブの繰り返し。

結局、高野聖もストレートフェースも成果は出ないまま、時間は午後3時頃になり、今回の目的の一つ阿修羅に移動する。


阿修羅は、前回はびしょびしょで触れず、その前もクラックに染み出しがあったが、今日は絶好のコンディションだ。
201011131_2
しかし、高野聖で力を使い過ぎたかスタートの次がどうしても取れない。まあ、力と技術が無いだけなんだろうが。。。写真で見ると、右ひじが開いて体がきちんと保持できていないのが良くわかる。

201111132 Sさんは、きっちりクラックを左手で取って、右手をクロスで添えて足をあげ、その先のクラックへ左手をかけるところで惜しくも落下が続いている。

N君とKさんは正対ムーブでトライ。







しかし、移動してきたのが遅かったため時期に薄暗くなり、最後は、ヘッドランプで照らしながら夫々トライするが、5時過ぎに終了。






瑞牆

薄暮の阿修羅。

結局、あまり成果の上がらなかった瑞牆だったが、久しぶりに楽しいひと時でした。

また来よう。
 

|

« 西沢渓谷:紅葉狩り | トップページ | 紅葉の御岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの瑞牆:

« 西沢渓谷:紅葉狩り | トップページ | 紅葉の御岳 »