« 忍者岩ホールド欠ける | トップページ | 久しぶりに大垂水峠 FC東京降格 »

2010年11月29日 (月)

再び御岳ナイト

昨日は、天気もよく乾燥して絶好のクライミング日和だったが家人が妹のところへ行って1週間留守で、家事を少しやらなければならなかったり、散髪に行ったりしてで出そびれてしまう。

しかし、まあ暖かいので夕方からでも良いかと、御岳に行く。吉野街道は、のぼりは渋滞気味だが下りはさすがに空いている。駐車場も御岳小橋のそばが空いている。駐車場着16:30もう薄暗くなってきている。

忍者岩に行く途中も帰途にある人達とすれ違う。顔見知りの人にはこれからですかと声をかけられる。
忍者岩には、数名しかいない。しかし、私と同じ時に忍者岩に来た人もいる。いつも会うSさんに挨拶して今来たと言う。Sさんももう最後の1便を出して帰る支度をするようだ。

最後は一人になるかなと思っていると、同時刻に忍者岩に来た人がいて、やはりナイトとのこと。その人は蟹を狙っていて、夜は空いていて良いとのこと。同感です。

もう一人、蟹をやっている人が最後まで残っていたので、ヘッドランプでホールドを照らしてあげる。
Ts3h0294_2結局、皆帰途に着き忍者岩は私ともう一人の二人だけとなる。

私は、ついてすぐに忍クラをやったがやはり忍者からクライマー返しへのトラバースが出来ない。ホールドの欠けがこれほど影響するとは。。。

そのほか、虫や蛙のスタートをやるがこちらもいつもと一緒。

まあ、昨日は、クライマー返しを少し進めるのが本命なので、他はアップみたいなものです。なんて言って良いのかなあ。


クライマー返しは、離陸は問題なく出来るようになったが、左手をナックルジャムでやらずに、岩の欠け目に右手親指を下からあてがい、残りの指をナックルジャムで小指を引っ掛ける出っ張りに置いてひねるようにホールドするやり方で、体が上がってくると脇が開いて力が入らない。左手をちょっと上のカチに上げて、左足に乗り込んで立ち上がり、さらに左手を良いピンチホールドに持ち帰るところで、指先がかかるだけでどうしても保持できない。

もう少し、バランス良く立ち上がって、右手だけで体が岩からはがれるのを抑えられるようになれば、ピンチホールドを保持できる様になると思うのだが。。。

そうこうする内に、ヘッドランプの明かりが一つ二つと現れる。女子数名を先頭に、何と男女合わせて10名ほどの団体が忍者岩に結集してくる。

その人たちは、強力なサーチライトのような明かりや、蛍光灯のような照明を持ってきていて、マットも昼間の岩のように敷き詰められる。
なんだか、あっけにとられる光景だ。

Ts3h0295_2

どうやら、一人の人が以前私も行っていた吉祥寺から少し離れたところにあるジムのTシャツを着ていたので、その関係の人達らしい。

写真では、まだ暗く見えるが実際はヘッドランプが無くても登れるくらい明るい照明です。

結局、明るいのはありがたいが、なんだか団体に混じって岩を触っているという雰囲気になってしまった。

そうこうする内に、6時も過ぎて帰らなければならない時間が来てしまった。

成果は、クライマー返しが少し進んだことか。
にぎやかな忍者岩ナイトでした。



 

|

« 忍者岩ホールド欠ける | トップページ | 久しぶりに大垂水峠 FC東京降格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び御岳ナイト:

« 忍者岩ホールド欠ける | トップページ | 久しぶりに大垂水峠 FC東京降格 »