« 初めての句会と吟行 | トップページ | 再び湯河原ボルダー »

2011年1月25日 (火)

初めての湯河原ボルダー

さて、日曜はジムの仲間と湯河原へボルダリングに行った。

湯河原は、これまでロープを使ったルート(スポーツ)クライミングをやりに数回来たことがあるが、今回はロープを持たずにマットを背負って初めて来た。ジムに7時に集合。何と10名以上の参加者がある。これはこれは、驚いた。

車4台に分乗して一路湯河原へ。先週城が崎に行ったときのように、相模川から厚木駅を通って海老名インターへ。その後は小田原厚木道路と有料道路を通って、2時間かからずに幕岩公園駐車場に着く。

何人かがトポを持ってきていたので、とりあえず貝殻岩へ行くが、既に10名近くの人たちが取り付いていて、残念他の岩に行く。すぐ上の梅林ボルダーへ移動。

20110123_1

古いRCCボルトが打ってあってちょっと目障りだがとりあえず岩に触りだす。が、何人かはもう少しひくい岩が良いなということで、川原のエリアへ移動していく。残ったのは、数名。

アップに右端の5級を登る。その後、中央の3級、左の1級と触るが、なんとも指に痛い岩である。

結局、少し触って、近くの小さな岩lへ移動。?段とグレードが着いた課題を触るが離陸のみで終わる。その岩のやはり5級を皆で登って終了。私は、5級を侮って数回のトライ後にようやく登る。登ってみれば自分の手順が違っていたことに気がつく。まあ、そんなもんです。

そのご、貝殻岩の仲間のトライを見たりしてから梅林ボルダーに戻って、また3級と1級を触る。結果は、3級は最後の一手が出ずに飛び降り。1級は、後から来た別のジムの顔見知りの人たちも交えて何回かトライするが、結局できず。

201101232

その後、貝殻岩に移動。初段の課題(パイプライン)を皆で触る。先に登っていたY君は、2段の課題をトライ。梅林ボルダーのほかのジムの2人も交えてセッションするが結局セッション中に、完登はMさん、他のジムのWさんの2名および、その前からやっていたもう一人。
自分は、ハングにぶら下がりながら還暦コールを受けましたがどうしてもヒールが決まらず終了。
セッション参加は、自分を入れて7名ほどだからちょっと率が悪かった。

湯河原は、暖かい。
他の岩は触らなかったが、触った限りではルートの方が面白い。というか梅林ボルダーはボルトが邪魔。
まあボルダーなら、年に2・3度ほど来ても良いかな??

ちなみに、ジム仲間のOさんはルートを登りに来ていました。

201101233

湯河原は、すぐに梅祭り。もう梅の蕾もすっかり膨らんで一部では開花していました。

昨日の句会で言われたように、人にわかるように、平明に句を作ろうとしたが、まあ上手くできませんでした。

梅が香や眼下に遠く水平線

梅林の岩を登りて海遠し

次回投句してみようかな。


|

« 初めての句会と吟行 | トップページ | 再び湯河原ボルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての湯河原ボルダー:

« 初めての句会と吟行 | トップページ | 再び湯河原ボルダー »