« 登り納めの御嶽 | トップページ | 登り初め:今年もサイクリスト・ボルダラー »

2011年1月 2日 (日)

サンデル教授と初乗り

謹賀新年
昨日は、のんびりと元旦のお屠蘇を飲んでおせちを食べ、八王子の子安神社に家人と上の子と一緒に初詣に出かけた。

夜は、やはり正月の特別料理(?)を食べて、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの終わりの方を見て、そのままハーバード大学のサンデル教授の政治哲学という番組を夜中過ぎまで見ていた。これは中々面白かったが、1:30には睡魔が勝ったということです。
功利主義とリバタリアニズムの対比と学生を参加させて対話式に進める授業はとても新鮮でした。最も日本語吹き替えで見ましたが。。。

今日は、明けて二日。天気も良く、とりあえず自転車の初乗りに出かけることにした。

1

初売りの福袋を買いに行くという家の者の送り迎えをやって、家を出たのは12:00PM過ぎ。

さてどこへ行こうかと思案したが、考えてみたら自転車に乗るのはほとんど一月ぶりだ。というわけで、峠は止めてのんびり平地を走ることにする。
コースは、
自宅-湯殿川-高尾-淺川-秋川街道-小峰峠-五日市トンネル-日の出町-羽村大橋-羽村堰-多摩川-万願寺-淺川-北野-湯殿川-自宅

走行 68.4km 平均20.1km/h という結果でした。

まあ、久しぶりで、初乗りでというには十分でしょうね。しかし、走行距離は御嶽往復くらいだし、平均速度は御嶽往復より遅いのになんだか疲れが残りそうです。

羽村堰二句
正月や羽村の堰に陽射しあり

玉川の兄弟像に二日の日

今日も、サンデル教授の講義を少し見ようと思います。

|

« 登り納めの御嶽 | トップページ | 登り初め:今年もサイクリスト・ボルダラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンデル教授と初乗り:

« 登り納めの御嶽 | トップページ | 登り初め:今年もサイクリスト・ボルダラー »