« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

久しぶりに自転車で御岳

日曜は、久しぶりに自転車で御岳に行った。
土曜は、高尾句会がありその後でジムに行って途中休み休みだが5時間近くも登っていたので、日曜朝起きるとまだ背中と腕に疲れが残っており、さらに足も少し疲れているかなあという感じではあった。

朝は早めに起きたが、なんだかんだとぐずぐずしているうちに出発は昼近く。忍者岩に着いたのは、午後1:30を過ぎてしまった。

 

20110227_2

まあ、疲れも残っていてあまり登れる気もしなかったので少し触って帰るつもりである。
忍者岩は、先週と違って人が多い。
見ると、Tさん一家やSincanoeさん、いつものSさんなど顔見知りの人たちが多くいた。

とりあえず、持参したおにぎりで腹を満たした後、SincanoeさんやTさんがやっている、クライマー返しを触ってみる。彼らはオリジナルラインだが、私はまだまだ離陸後のピンチホールド保持まで行かない。しかし、他の人の登っているのを見ると、何となくピンチを取りに行くときの体の使い方の参考になる。
ところが、土曜のジムの疲れが思ったよりひどく、クライマー返しの離陸をしようと左足を深くまげて乗り込むと、左の内転筋が攣りそうになる。

どひゃー!! これはまずい。
仕方が無いので、忍者クライマー返しに変更。こちらはひざを深く曲げる動きは無いので、何とかなりそうではある。しかし、こちらは今度は指力がなくなっていて、いまひとつ。

 

結局、1時間強居て、忍クラ4・5回のうち最高到達は、クライマー返し直上の左手のカチを保持するまで。
クライマー返しは、その後何回か触るが、そのたびに足が攣りそうになって離陸でお終い。

忍者岩は、上裸の人もいるほど暖かだが、こちらのコンディションは最悪でした。

さて、自転車を担いで忍者岩から戻るときも足は、痙攣一歩手前まで。自転車の支度をして吉野街道を戻ろうと漕ぎ出したとたん、左足内転筋が攣ってしばらく動けなくなる。

何とか、ストレッチとマッサージでごまかして、帰路に着く。

この足では、帰りの梅が谷峠、小峰峠は無理だろうと帰路は吉野街道をずっと走ることにする。

 

コース
自宅-綾南公園-八王子西インター前-戸板峠-小峰峠-梅が谷峠-忍者岩-吉野街道-奥多摩街道-多摩川土手-拝島橋-ひよどり山トンネル-淺川土手-北野-自宅

走行 73km
平均 20.2km/h

まあ、こんなもんでしょう。

20110227_1


 


春めいた御岳渓谷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

九州出張

今週は、月曜から金曜まで九州と関西に出張していた。
私の出張は、主に仕事上の客先を訪問し打ち合わせを行ったり、説明をしたりあるいは会社の製品の使用現場を確認したりというもので、今回も鹿児島と長崎それに和歌山の客先を訪問したのだった。

鹿児島では、桜島と話題の新燃岳の噴煙を同時に見、長崎では仕事先で巨大な艀(縦400m・幅100m・高さ30m)を見たりしました。

いくつか写真を

20110223

海辺に

鳶が多くいました。

 

鳶飛んで志布志の海は静かなり

20110223_2

何やらの鳥が、

停泊中の漁船に我が物顔で乗り込んで。。。

 

 

鳥もまた鯛網手繰るや海静か

 

20110223_3

上五島へ渡る高速船から、

航行中の潜水艦を見ました。

朧より出でる潜水艦

20110223_4

 

戻りの船では、

船の上からの日の出。

 

春凪や島の影から朝日出ず

。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

久しぶり(今年2回目)の御岳

今日は、久しぶり(タイトルにあるように今年2回目)に御岳に行った。メンバーは、N君、Sちゃん、現地集合でMさんおよび、Mさんの知り合いで川面から岸に上がった(というのは、カヌーイストがボルダラーに返信した)Eさん。

N君に家の近所まで車で迎えに来てもらって、御岳に。

取りえず、発電所の駐車場に車を止めてデッドエンドへ。人は少ない。
天気は曇りだが、風が吹かず結構暖かい。
とりあえずストレッチをして、勅使河原。。。を触る。N君もテッシー狙い。Sちゃんはデッドエンド狙い。アップ代わりにデッドエンド横断をさわり、デッドエンドを触りするうちにようやく体が温まってきた。
しかし、数ヶ月ぶりで触るテッシーは相変わらず手強い。

そうこうする内に、Mさん、Eさんが到着。

Mさんに特別ムーブを教えてもらったりするが、とてもできそうも無いムーブだ。さすがMさん。そして、MさんとEさんは早めに移動する。

20110220_2

Nくんも、Sちゃんも夫々苦労している。
そのうち、人も増えてきたので、昼を食べて移動することにした。

Sちゃんはデッドエンドに苦労。








20110220_1


テッシーから落ちるN君。









移動途中、デラシネボルダーでMさんにまた出会う。
で、4級の課題で少し一緒に遊ぶ。そのうち、カヌースラロームの記録会が始まり、カヌーイストのEさんの解説付きでしばし観戦。

そのごは、忍者岩に移動。忍者岩も案外空いている。しかし、こちらは少し風が吹いていて、ちょっと寒い。

クライマー返しや、忍者クライマー返しをやるが、今一つ調子が出ない。やはり、数週間振りでは、ムーブも体が忘れていてちょっとバランスが狂っている感じだ。

N君は、空いているせいか虫のスタートを始めた。
Sちゃんは、忍者返しを何回も触っているが、スローパーからの飛ばしで落ちている。とそのうち、飛ばしをとめ、その先まで進んで結局右手をクロスでクラックに出すところまで行

20110220

く。惜しくも落ちたが、本人納得の1便でした。

結局、その後はあまり何も成果が無く、帰路に着く。







しかし御岳はやはり面白い。来週も御岳かな??








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

雪後晴れの3連休

週末は、金曜休みの3連休でしたが、金曜・土曜は雪。今日は晴れたが、計画変更となりました。

まずは、金曜日。朝起きると、窓の外は雪が降っている。屋根の上や庭の芝、木々の枝には雪が積もっている。
まあ、これは予想通りというか予報どおりというか、予定内のことなので まあ仕方が無いか。
家に居ても仕方がないので、午後には、ジムに行くことにする。その前から何人かの顔見知りに、金曜は飲みに行こうと声を掛けていて、天気が悪ければ2人は参加という予定なので、とりあえずジムで少し汗を流して、飲み仲間が来るのを待つという算段だ。

ジムに着くと、結構混んでいてしかし、顔見知りの人はほとんどいない。祝日の午後は、きっと平日夜とはくるひとが違うんだろうな。

とりあえず、115度の壁を中心に3~4級程度の課題をやる。
そうこうする内に、しばらく顔を見ていなかったY朗ことSがやってくる。しばらく前に結婚して、その前から、色々忙しくてなかなかクライミングどころではなかったらしい。

ちょうど良い機会なので、前回作ってまだ登れていない推定3級の課題をやってもらう。残念ながら1撃はできなかったが、さすがに2回目にはさくっと登ってくれて、推定でなくまあまあの3級とのこと。
そうこうする内に、ヒゲのKさんがやってくる。
そのうちに、飲みに行く予定のMさんもやってくる。仕事をぬけてS君もやってくる。で、皆で先ほどの3級課題と、もう一つ3.5級の課題をやってもらう。
さらに、もう一人のみに行く予定のN君もやってくるが、N君は飲みだけでクライミングはなし。
さらには、Yドクターもやってくる。

しばらくしてから、Mさん、N君と一緒に、ジムの近所に飲みに行く。
そこは、忘年会をやって中々美味しいお酒とつまみを出す店で、また来ようと言っていたところだ。
3人で、談笑が進む。と、誘っていたYドクターがジムを終えて到着。次にジムスタッフのT君とY君もやってくる。なんだか、楽しくなってきたぞ。
ついには、電話でS君を呼び出し、とうとう7名の飲み会になる。

その日は、結局MさんとYドクター以外で、2軒目に行ってなんだかんだで朝の3時まで。最後は、S君とT君の乗ったタクシーに同乗させてもらって、少し距離を稼いだ後、1時間位歩いて帰宅。

土曜日は、結局朝帰りが効いて寝坊。雪は降り続き、家で本を読んだりテレビを見たりして過ごす。

日曜は、計画では大沢ボルダーへ行こうとなっていたが、土曜の夜に行く人は無しとのことで中止。

朝から天気は良くて、青空・太陽風弱し。
でも、きっと御嶽などは雪の影響で染み出しがひどいだろうしということで、前から直さなければならなかった自転車のブレーキワイヤーを直すことにした。
ブレーキワイヤーを直して、バーテープを巻き直しきれいになった自転車で、午後は近所のサイクリング。

気温も高く、のんびりサイクリングだが、自転車に乗るのは結構久しぶりだ。

コースは、

自宅-大垂水峠-千木良-三ヶ木-小倉橋-川尻農協-相原十字路-八王子みなみ野の一部-自宅

走行 43.2km 平均21.3km/h

でした。

20110213

雪の残った大垂水峠付近











20110213_2

青空と雪の畑










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

再び湯河原ボルダー

この前の日曜は、ジムの仲間と再び湯河原にボルダリングに行った。

メンバーは、前回参加のヒゲさんことKさん、Hさん、今回初めて湯河原のYドクターと私の4名。

ジムに集合して私の車で出発。相模川-海老名インター経由で、2時間かからず幕岩公園へ。
この前、公園の売店で買った はるみ というみかん(?)が美味しかったので、今回も買おうと思ってきたが、残念梅祭りが近いので売店は閉鎖。でも梅祭りの特設売店はまだ空いていない。で、はるみは買えず。

さて今回は、前週敗退した梅林ボルダーの3級と1級を登ろうと思っていたので、とりあえず梅林ボルダーへと向かう。ところが、アップもそこそこに取り付いた3級は2手目で手こずり先へ進めない。1級も前回の到達点までも行けない。
とほほ、これが実力か???

貝殻岩に移動して、パイプラインは混んでいたので空いていた貴船を触る。ここでは、ドクターが少し可能性を見せたたが、私は離陸できず。Kさんも苦労している。

その後は、米粒岩に移動。米粒岩には、御嶽でよく一緒になる人たちが?段とある課題をやっていた。とりあえず、米粒(4級)を登って、?段を一緒に触らせてもらう。
なかなか、難しく1手、2手しか出すことができない。

20110130_2

そのうち、ルートをやりに来ていたN君もやって来て、ハーネスをつけたまま米粒を登って、ルートをやりに戻る。

その後は、胚芽岩の胚芽(4級)を皆でやる。私は、人と違うムーブで登る。

その後、貝殻岩にいた人たちが移動するのを見て、貝殻岩に戻ってパイプラインをやる。

これも、あまり進歩は無い。ようやく、右足をヒールフックして、左手をポケットに出すムーブのコツを少しつかんだだけで終了。ここでもドクターは、ポケットを保持してスローパーに右手を出すところまで行く。ドクター強し。Kさんは私と同じ。Hさんは見学。
そのうち、風が強くなり土ぼこりがひどくて閉口するので、また移動。

最後は、河原エリアの桜岩に行く。
とりあえず、前回Kさんが手こずったという2級の課題を見て、その前にカンテ状の4級課題を触るが、まったく進めない。

ドクターが登り、Kさんが手本を見せてくれるが私は、どうやってもできません。

そのうち、北風が冷たく、気温0度ということを聞いて意欲まったくなし。日も暮れてきたので帰途に着く。

湯河原は、次の週末から梅祭りになるし、結局もうしばらくは来ないのだろうなあ。

帰りは、どこかで事故があったらしく真鶴道路が渋滞して、予定より30分以上遅くにジムに着きました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »