« 京都散策 | トップページ | ちょっと一乗り »

2011年8月 7日 (日)

神居古譚

昨日(土曜日)は、金曜に北海道で仕事があり、帰りが土曜になるのが判っていたので帰りの飛行機を遅らせて、旭川近郊の神居古譚に行った。
神居古譚は、石狩川の川幅が狭くなり流れが急になっている場所で元々アイヌの伝説の地である。

しかし、私の目的は北海道の数少ない(?)ボルダリングの出来る岩場を見に行くこと。

金曜は、札幌泊まり。
札幌から旭川までは高速バスで¥2000なり。

20110806

土曜はまずすすきののホテルから歩いてテレビ塔近くのバスターミナルへ歩いていく。
バスターミナルの近くには、石造りのちょっと古そうな教会があった。
扉の前には紫陽花の花。北海道の紫陽花は、8月に咲く。

20110806_2



























旭川に着くとあらかじめ調べていたレンタサイクル(旭川観光協会)に鵜約電話するも、現在プレハブの仮住まいで今年はレンタサイクルはないとのこと、しかし旭川市(?)がやっているレンタサイクルが駅からちょっと離れた常盤公園にあるとのこと。
常盤公園で、レンタサイクルを借りていざ神居古譚へ。

 


と言うものの、自転車はレンタル品の中にあったランドナー風の自転車を借りたが、いかにもサドルが低く、こぎ辛い。さらに、観光協会で聞いたところ、当てにしていたサイクリングロードががけ崩れで通行できないとのこと。

まあ、仕方が無いので何とか国道12号線をたどる。途中100均があったのでよもやと思いアレンキーを探すとさすが日本の100均、すぐにアレンキーを入手。サドル高さを調整してさらに12号線をたどる。途中驟雨があり、少し濡れる。
途中長いトンネルを抜けるとようやく神居古譚への分岐が現れる。
分岐道から、つり橋を渡り、旧国鉄の神居古譚駅へ、なるほどサイクリングロードは立ち入り禁止になっている。

201108061jpg

さて、トポを頼りにボルダー探し。難なく、ケンジコモロ岩を発見。










さらに梁山泊岩も分けなく見つかる。

しかし、暑いのと、染み出しが多く、さらに梁山泊は苔がひどくてコンディションはとても悪い。
まあ、せっかくだからコロボックルを触るが足は全て濡れている。これはだめ。みの虫は、上部が苔苔でだめ。

201108063jpg


太極拳をやってみるがこれも足が濡れていてだめ。なんだかんだですぐに帰りの予定時間となる。
セルフタイマーで。。。みの虫・太極拳でだし。







20110806_3

借りた自転車とつり橋












帰りは、旭川方面に向かう12号線をたどると、途中から側道(旧道?)がサイクリングロードになっていて、往きに通った長いトンネルは回避。しかし、サイクリングロードは途中で12号線に吸収される。ちょっと色気を出して12号を外れていこうとしたが、これは結局回り道をしただけとなり、これが常盤公園への自転車返却時間を遅らせ、空港へのバスに乗り遅れの原因となってしまう。(飛行機の時間に合わせてタクシーで空港へ行く羽目になり、余分な出費がおまけになりました。)




|

« 京都散策 | トップページ | ちょっと一乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神居古譚:

« 京都散策 | トップページ | ちょっと一乗り »