« 逗子まで | トップページ | VAC リニユーアル »

2011年8月19日 (金)

お盆の旅行

今週月・火曜日は、友人たちと真鶴・箱根に一泊旅行に行った。

これは、大学時代の同期・一学年下のもともと自分を含めて4人でその友達や配偶者、子供たちを含めて毎年行っているもので、今年で30回以上、ということは30年以上続いている行事なのです。

当初はみな独身だったのが、結婚して子供ができと参加人数も増減しながら続いてきたが、今年は1家族来ることができなくて、3家族の参加でした。といっても、もうそれぞれの子供たちは家族旅行に来ることもなくなり、とうとう今年は3夫婦の旅行と相成ってしまった。

20110815

初日は、ゆっくり家を出て相模川を下り、小田原厚木道路までは順調に進んだが、西湘バイパスへ入るところで大渋滞。
仕方なく、小田原へ降りて昼食。

昼食後渋滞の中を進んで、旧道へ入ると真鶴はすぐでした。

この日は、真鶴で一泊。湯河原方面を望む部屋の窓から夕暮れの海が見え、鳶がゆったりと飛んでいた。
ほかの人たちも合流して温泉で汗を流し宿の食後は、部屋で宴会。

真鶴は、湯河原に行くときや伊豆に行くときにいつも通過しているが、半島の中に入ったのは今回が初めて。暑い盛りではあったが、宿に着くとちょうど風が吹いていてクーラーもつけずに部屋の中にいることができるほど。回りが海なので気温も街中より低いように思われた。

20110816

翌日は、真鶴の先まで行って海沿いの遊歩道を散策。しかし、暑い。昔なら子連れで磯遊びなどしたところだが、平均年齢50余歳の一行では、暑い暑いで日陰で休むだけ。
土産屋で、6人そろって抹茶アイスを食べて一路箱根へ。







201108161

箱根へ行ったら、ロープウェイで涼しいところへ行こうといっていたが、芦ノ湖に着くとすでに涼しい。まずは、関所跡を見物しようと、遊覧船乗り場で昼食を取るうちに雲が低くなり、駒ケ岳は雲の中。対岸も見えず。









201108162

とにかく関所に行くと、ここは昔来たことがあるがその後手が加わり、だいぶ印象が違う。関所と資料館を見物すると結構見ごたえがありました。








結局、ロープウェイも遊覧船も乗らずにそのまま帰路に着く。帰りは無料となった箱根新道から、そのまま小田原厚木道路へ乗って、途中大磯パーキングで名残を惜しんで一休みし、また来年の旅行を約して別れました。

鳶鳴いて秋の初めの宴かな

友と入りし湯上りの肌涼新た










|

« 逗子まで | トップページ | VAC リニユーアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆の旅行:

« 逗子まで | トップページ | VAC リニユーアル »