« 老いて盛ん | トップページ | 文化の日 小川山 »

2011年10月29日 (土)

のんびりと日原と御岳

今日は、ジムの人と小川山に行く予定をしていたが、仕事で行けなくなったとのことで一人で出かけることとした。
一人なので遠出もかったるいし、急遽行く先変更。最新のロックアンドスノーに出ていた日原のボルダーを見に行くことにした。

ところが朝早く起きなくて良いのに、こういうときに限って朝早く6時頃に目が覚めてしまう。目は覚めたけど、じゃあ早くから出かけるかというと、頭はゆっくり出かけようと思っているので、何だか愚図愚図して結局出かけたのは9時過ぎてしまう。

日原に近づくと、いたるところで道路工事をしていて、道は日原鍾乳洞までしか行けないとのこと。どうも先日の台風がかなりの被害をもたらしたようだ。そういえば、来る途中の梅ヶ谷峠もまだ通行止めで、回り道をしてきたのだった。

日原に着くと、最初は臨時町営駐車場に車を止めたが、もう少し先まで行けるかと再び車で上流へ向かうが、ちょっと先の渓流釣り場の駐車場に仮駐車して、釣り場の方に様子を聞くと、どうやらさっきの臨時駐車場に停めるのが正解な様なので、再び戻って臨時駐車場に車を停める。
ちょうど居合わせた、山仕事の格好をした人に川へ降りる道を聞くと、鷹巣山登山道の入り口から下りられるとのこと。

そういえば、昔沢登りをして鷹巣山から降りてきたり、反対側の酉谷山に登ったりして、日原は何度か来た事があったのだった。

川に下りると、ちょうど巳の戸橋のところに、己(3段)の課題のある岩があった。

これは、見ただけでとても登れる気がしない。
持参したロクスノを見ると、この下流にレインマン(初段)という課題のある雨雲岩がある。

20111029

これは、良い岩でした。高さ5-6mはある。傾斜は135度近い。正面上部に顕著なクラックが左上している。きっとこれがラインなんだろうと、とりあえず触ってみるが、どうも歯が立ちません。
スタートホールドがつるっとしていて、足も微妙に滑る。
結局、スタートの写真をセルフタイマーで撮って離陸できずに終了。
帰宅後、ユーチューブの動画を見たら、ラインは、砂上するクラックでなく、ほぼ直上するらしい。

20111029_2

さて日原のあとは、しばらくぶりで御岳のデッドエンド岩に行くことにした。
デッドエンドは、以前から勅使河原美加の半生(初段)を触っているが、これはもう全然進歩なし。スタートして、1手目の左手ポケットを取って右手は良いカチに。それから、デッド気味に右手をポケットに出すのがどうしてもできません。そこで、デッドに出すのでなく、足を高い位置に上げてスタティックに右手ポケットを取りに行こうとするが、全然できません。
これも、今日だけで10回くらいはやったが、だめでした。セルフタイマーで写真を撮ったり、途中口直しにデッドエンドトラバースのトラバース部分も3・4回やって、何だか物足りないが16時過ぎに終了。
帰りに図書館によって帰宅しました。

ちなみに、今日は中央道の渋滞がひどかったようで、まあ渋滞に巻き込まれないだけちょっとは良かったかな。











|

« 老いて盛ん | トップページ | 文化の日 小川山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびりと日原と御岳:

« 老いて盛ん | トップページ | 文化の日 小川山 »