2011長月の句 続き

10月も下旬となり、とわいえこの数日9月並に気温が高く するとすぐに地球温暖化の影響かなどと言いたくなるのですが、気象予報によれば今週半ばには木枯らし一番が吹くという予報で、日々の天気の移り変わりで一喜一憂するのもおかしな話ですがね。

さて、この間の高尾句会の結果です。

今回は、残念ながら誰も私の句を取ってくれなかったのですが。。。投句と添削の結果は。

 一 アオザイをひるがえし行くいなびかり

この句は、先生がアオザイが何か良くわからなかったと後から言われて、ベトナムの民族衣装で裾がヒラヒラしているのですと説明すると、それならこのままで良い句だといわれました。で、このまま。

 二 原色の衣服集ふや芭蕉の葉

に関しては、やはりベトナムでの句ですと説明すると、下五をちょっと変えて

 原色の衣服集ふや青芭蕉 

にすると良いとのこと。もうちょっと自分で変えて

 原色の衣装集ふや青芭蕉

 三 刈り取りの終わりし田に田地に帰る

これは、田に田というのはおかしいとのこと。写生をしようというのは判るが田んぼは続いているものなので、

 刈り取りを終えし田んぼや地に帰る

としたら良いと、これは同人の方のご指摘。

 四 空青し黄金の尾花風を受く

としたのは

 空青し黄金の尾花風を受け

とすればよくなりますとのこと。

ということで、今回はちょっと直せばちょっと良くなるのかな。推敲がちょっと足りないか。。。

20110929_hcm3

サイゴンの風景

アオザイじゃないけど。。。

ちなみにアオザイは北部のことば、南部ではアオヤイと発音します。

うーん急に気温が下がって、すっかり秋。10月はもう晩秋というのも頷ける今日です。
秋分の日にベトナムに出かけて、10月2日に帰ってきたらまるで、出かける前と後では10日の間に、残暑から晩秋へ。これも関東の良いところですか。
20110925 ベトナムに関しては、サイゴン紀行に少し詳しく書くつもりです。

さて、出かける前に成田から電話で高尾句会に投句した結果を。。。今回はちょっと推敲をして、さらに電話で投句しながら添削もしてもらった感じで、

高得点の句

秋風や木の葉の影の岩に揺る

これはもともとは、周り目平での即興吟

  秋風や木の葉の影絵くじら岩  を

電話で投句した際にTさんに

 秋風や木の葉の影絵岩に揺る と直してもらい投句してもらったのを、

先生が 冒頭の形に直してもらったもの。

その他

一 空襲の話し訥々秋桜

二 坂道に大枝小枝野分かな

三 朝湯して沢音高し竹の春

を互選句(1点ずつだけど)にとってもらいました。

それぞれ先生の評もいただいて、

一は 季語を変えたほうが良い
例えば 空襲の話し訥々夜長かな

二は 大枝小枝がどうなっていたか具体的に示すようにとのこと
こんなかな 乱れ落つ大枝小枝野分かな

三は 朝湯でなく地名などを入れるほうが良いとのことでした。
じゃあ 実際は 湯河原や沢音高し竹の春 だけど。。。
20111001

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。