« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

1月の旅

1月も今日で晦日。今月は、一寸遠方への出張が多く、遠方への出張で良いところは移動中やちょっとした時間に旅行気分が味わえること。

20120117_2

まずは、今月半ばに九州は長崎県松浦郡新上五島町へ。羽田から長崎まで空路で行き、佐世保までバス。佐世保で1泊して高速船で上五島へ。

海と空一つに射して冬朝日

 

仕事が早めに終わって、夕方の散歩。何しろ東京と比べると1時間ほど日の入りが遅い。

20120117_3

宿が面した湾沿いに、矢堅岩に向かって歩く。海は澄んで、冬の凪。

大寒や藍色深く海静か

20120117_4

 










20120117_5

矢堅岩は遠めにも花崗岩と思われる大きな岩塊。きっと良いルートがたくさん作れそうな気がする。誰かもうルートを作っているのだろうか?ざっと調べた限りではどうも記録は無いようだが。。。






20120117_6

さて、散歩の途中の海岸沿いになんともキッチュなカラオケボックス?スナックを発見。
これ良いですよね。

上五島で、一泊して帰路は再び佐世保経由で長崎から帰京。

20120118

長崎港には坂本竜馬ゆかりの観光丸の復元船が停泊していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ベッケンバウアー 再び川井へ

カイザー:ベッケンバウアー、ボンバー:ミューラーと言うのが1970年前後のドイツサッカー界のスーパースターだった。

皇帝といわれたベッケンバウアーはバイエルンミュンヘンの絶対的ミッドフィールダーだった。因みに、ミューラーは絶対的フォワード。この二人は、ドイツ代表チームの顔だった。

さて、川井のボルダーにベッケンバウアーという課題名をつけたのは誰?
多分、ベッケンバウアーをテレビとはいえリアルタイムで見ていた人ではないのだろうけど。。。

さて、川井のベッケンバウアーである。
先週の敗退でちょっと癪に障ったので、ユーチューブで動画を確認。とりあえず最初の核心の左手の遠目のカチを取るムーブのイメージを覚えて今日に臨む。
はたして。。。

220120115

今日は先週と引き続き、川井ボルダーへ。一緒に行ったのは、これも先週と同じN君。先週より1時間早く出発。
9時過ぎに、川井キャンプ場に到着。やはり寒い。予想通り空いている、というか誰も居ない。
ウォームアップをして、とりあえず3級の課題を触るが寒さで体がこわばったまま全然動作が定まらない。
あまり、この課題にはまるのは良くないので、そこそこに、隣のアンダー1級や本命のベッケンバウアー1級を触りだす。

そのうち、体も少し温まってきて他の人も来て(今日は自分たちを入れて合計3組 6名でした)

さて、ベッケンバウアーだが、動画確認の成果か今日は左手カチ(ガバカチです)を保持することができ、右足を動かす途中で落ちること2回。カチを保持するが右手がはずれて落ちること1回。まあ、左手カチを取るコツは何とかつかんだかなあ。しかし、足の移動は難しい。両手を広げて、左足がそれほど良くない足で懐に右足を抱え込んで足のクロスをするのは結構大変です。

最後のほうは、とうとう右肩が痛くなって川井は終了。
指皮が痛いと言うN君と御岳に行く。

御岳は相変わらずの混みで、最初に言ったデッドエンド岩は団体が居て荷物も降ろさずUターン。結局溶けたソフトクリームで、下地の上がったキックマントルを何年かぶりで登って本日は終了でした。

220120115_1

空には鳶が悠々と舞っていました。







220120115_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

今年最初の3連休 ポタリング、餅つき、川井ボルダー

今年最初の3連休。正月休みが終り、すぐに3連休があるのはちょっと嬉しい。
さて、3連休でもどこへ行くというあては無く、もともと雑用が多くある日常です。
tえきたn
土曜は、歯医者の予約と言っても歯科衛生士さんに定期的に歯の掃除をしてもらっているその予約です。3-4ヶ月に1度歯を綺麗にしてもらい、歯茎の消毒と歯石の除去をしてもらうと口中すっきりよい気分になります。

201201071

その後は、自転車でちょっとポタリング。淺川を高尾から大和田橋まで下り、左岸に渡って今度は北淺川を楢原まで。。。
ちょうど川原ではどんど焼きの準備をしていました。






201201072

ポタリング後は、今年初めてのジムへ。店長とスタッフに年始の挨拶。人もまだ少なく、どの課題も上り放題だがジム登りはしかし、あまり調子が良くない。
そうこうするうちに、Uちゃんがやって来たので挨拶をして一緒にちょっと登るがこれもあまり良くない。結局、7級、6級のテープ課題13本ずつを連続して登り、5級の課題を5本登ったところで終了。







20120108

日曜は、町会の餅つき大会。今年も組長なので、朝からちょっとした準備といっても大方は理事の方々が前日に済ませていたのでたいしたことは無かったが、餅をつきだす。
餅つきは大学時代に最初にやって、これは大学祭の模擬店の行事。その後は子供たちが幼稚園時代にやったきり10数年ぶりだが、自分でも結構好きで、あまり手を出す人が少なかったので、結局杵でこねるところから5-6臼ついてしまう。

途中からは、前腕が張って杵を人に代わってもらったり、町会の子供達がついている間に一休みしたりして何とか仕上げる。しかし、考えてみたら自分が出しゃばって他の人の餅つきを奪っちゃったのかなと、今日になって反省。

その後は、町会理事と組長の新年会で明るいうちからお酒を飲んで鍋を食べて楽しい一日でした。

20120109

さて、今日は連休最後の日。
ジム仲間のN君と川井ボルダーへ。前日の餅つき疲れも、前々日のジム疲れも無く快調と言いたい所だったが、しばらくぶりの川井は樹林の中で朝のうちは寒くて調子が上がらない。
人は予想通り少なく、正面(?)に一組、裏に一組の6名だけ。とりあえずアンダースタートの1級を触るが、どうもこの最後のランジ1手の課題は苦手です。
何回かやってもあまり上手くいかない。と、そこへ同じジムのSさんがやってくる。Sさんはベッケンバウアー1級ねらいとのこと。そこで、私もベッケンバウアーも触って、アンダーとの両てんびん。しかし、そうは問屋がおろしません。
結局この日は、最初の2組のそれぞれ一人ずつがアンダーを登るのを見るだけでどちらの1級も恐らく前回(1年位前?)と進歩せず、アンダーは退歩で終了。最後に、バンガロー側のトラバース3級を触るも、足が拾えなくてこれも敗退。
登ったのは、運動靴で登った7級の1本だけという成果で終わりました。

まあ、朝のうちは寒かったが、午後には日も射してきて暖かく、人も少なく静かで良い1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

初登り

本日で正月休みは終わり、明日からは通常通りに仕事です。

今日は今年の初登りに御岳へ。

4日は仕事始めの人も多いので御岳は空いているかと思いきや結構混んでました。

忍者岩には10数名、御岳御苑のあたりも人が多かったので、結局デッドエンド岩に。

こちらは10名ちょっとでまあ、なんとかなるくらいか。。。

20120104

とりあえずはアップをかねてデッドエンド岩の川側にあるシットダウンの課題を初めて触ってみる。これが、易しそうで結構難しい。結局、最初に決めたホールドからはスタートできずにちょっと変更してやっと離陸だけ。









20120104_2

そこそこにして、勅使河原…。新年最初の一手は左手ポケットを結構きちんととって、足を動かしてまでで終わり。
その後は、一度だけ足あげムーブ(だが左足)に入れただけで結局勅使河原は終了。途中体の向きを変えてトライできるデッドエンド左の左手ポケット取りを何回か練習して2012年もなかなか進みそうもありません。

写真は、ジム仲間のMさんがそうやって登ったと言う、スタートから右手カチを取って、その後左手ポケット、次に足上げをやっていた知らない女の人。ムーブがMさんと同じなので感心してみていました。

20120104_3

帰りに、ピンチオーバーハング岩が空いていたので、真似事をして薄暗くなった中を帰りました。

セルフタイマー写真と






20120104_4

夕暮れの月



| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉吟行

正月三日は、いつもの句会の母体の結社の吟行に参加して鎌倉に行ってきた。
まずは、大きな吟行の開始前に北鎌倉で降りて圓覚寺でちょっとした吟行の予行演習。
なかなか句はできませんでした。

経読みて鐘撞く僧や三日かな

寺の池冬のかわせみ微動もせず

釈迦如来お堂の暗き三日かな

なんてものでした

20120103

圓覚寺山門







20120103_2

かわせみはこの程度しか写りません








20120103_3

圓覚寺の洪鐘(おおがね)
国宝です






さて、圓覚寺のあとは本番の吟行です。今回は、結社の新年恒例の吟行とのことで総勢30数名、いつもの句会の人に何人か紹介してもらうが、どうも高名な方々やベテランの方々ばかりで、初心者の私としては一寸気がひける思いでした。まあしかし、そうは言っても誰も取って食うわけじゃなしとりあえずくっついていきました。

コースは、鎌倉駅から本覚寺、妙本寺、常栄寺と日蓮ゆかりの寺をめぐって、八雲神社から祇園山、高時腹切やぐら、東勝寺跡を経て宝戒寺まで約4kmほど。

皆さん、私より年上とお見受けするがお元気です。

最後は鎌倉駅近くのお店を一部借り切って句会です。

私は、五句出しのうち一句だけ一人の方にとっていただき、たまたま同席となった大ベテランの師匠に良かったですねと励まされました。
正直、嬉しかったです。

取ってもらったのは、

  水底に波紋の光る冬の川 

と言う句です。 これは、滑川という今は昔血の流れがあったという川が、綺麗に澄んで流れているのを即吟したもの。

それ以外は、まあたいしたことありません。

吟行途中の写真を

20120103_4

本覚寺

陽光や金の烏帽子の福娘






20120103_5

妙本寺では、山門の龍が見事に浮き彫りされていました





20120103_6

祇園山見晴台

写真には有りませんが右手に富士です。

見晴るかす三日富士雲かかりをり



20120103_7

宝戒寺では、かがり火を松の内は焚いているそうです。(まあ安全上夜は焚いていないらしいです)

かがり火の燃え盛りをり初詣

これより、

八角の石踏んでゆく初詣

のほうが良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

乗り始め

今日は、正月2日だからと言うわけでもないが、元旦のお酒とおせちで体がなまっているので今日は、おせちの前に一乗り。

コースは
自宅-湯殿川-淺川-多摩サイ-多摩川原橋-多摩川右岸-是政橋-多摩サイ-拝島橋-淺川-秋川街道-西八王子-自宅

走行60.2km
平均20.5km/h

さすがに正月2日、車も自転車も少なめで空気もきれいのんびりしたサイクリングでした。

201201021


多摩川右岸は短いが人も少ない。









201201022


曇り・晴れの天気

鯛焼きやさんはさすがに休みでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯優勝

優勝しましたね。
残念ながらテレビ観戦となったが。感動しました。
これで、J2優勝、天皇杯優勝、J1復帰、ACL出場。
今年も目が離せない。

ついでと言っては何だが、新しい監督が今年まで居た町田も目が離せなくなったなあ。なんといっても自宅から一寸行くともう町田市だし。。。

また今年も東京はSOCIOです。一寸町田も見に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »