« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

3連勝

いやー勝ちました。
今日は、25000人入ったホームゲーム。なんだか攻撃がちぐはぐとは言わないが、切れがなく。例によってカウンター一発で前半失点。
後半も同じような展開で、またまたカウンター一発で失点。

後半もこのままかと思われた中で、選手交代。交代した渡辺がハットトリックで逆転勝利。
久しぶりにホームゲームで勝利。
味スタが沸きました。良かった。
帰り道で、これで週末という気がすると言いながら帰る人の声が聞こえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末サイクリング

昨日は、週末サイクリング。
まずは、先週振れの出た後輪の振れ取り。しかしタイヤがほとんど廃品状態になっていてこれで大丈夫かなと思いつつまだ換えていない。
天気も良いし、気温も高い。なんだか空の広いところへ行きたいと思い時間があれば湘南まで行くのだが、すでに1時を廻っていたので昼食を食べてから多摩川を下ることにした。時間は午後2時になるところ。

コースは、
自宅-湯殿川-淺川-多摩川水道橋までを往復。
走行62km、平均20.7km/h

220120519

往きは、横風が強くそれでも少しは後方(西)に寄っていたので大体25~30km/hで巡航。復路は水道橋から多摩川右岸に渡ったのがまず間違い。土手を外れて交通量の多い道を走るとすぐに渋滞。ちょうど大型トラックが居て、脇を抜けず次の橋まで10km/h以下ののろのろで排気ガス。
そのさきは右岸土手・川原からまた左岸に戻って多摩サイ・淺川。風は、7~10m/sで、帰りは斜め前方から平均20~25km/hに巡航速度が落ちる。


220120519_2

片倉城址でトイレ休憩。
ちょっと早いようだが、河骨が咲き出している。










220120519_3

花菖蒲は黄色のが咲き出し。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

先週末

先週末は、土曜は御岳に行き日曜は自転車に乗った。
御岳は、車で行って発電所の駐車場に停めとりあえずはデッドエンド岩で、勅使河原。。。を触る。
進歩はなし。
次に下流に向かうと、川は増水している。ピンチオーバーハング岩は水没。ソフトクリーム岩も水際ならぬ水中カンテ。対岸から忍者岩を見ると、マットが1列敷ける程度の川原。
鵜の瀬岩は誰も居ないので、久しぶりに立ち鵜をやろうと準備をしていると、若い人が1人来て、鵜初段をやると言うのでとりあえず2人で立ち鵜をやりだす。
私は、左手だしで遠いカチをとろうとするが、触るだけでなかなか止まらない。若者は、3・4回のトライで、右手をカチ下のガバアンダーで中継してから右手でカチを取ってあっさり登る。力の差です。とはいって、彼もシットスタートはなかなかスタートできない。

立ち鵜は適当に切り上げて、最後に忍者岩によって見る。忍者岩は、先ほど見たとおり下地が極度に狭くなっていて、上まで行ったら水の中にしか飛び降りられない。人は少ないが、中にジムで顔見知りの人がいて、忍者クライマー返しをやっている。ジムでは私より断然強いのだが、外では同じ課題を触ると言うのが面白いですね。
私は、この状態で出来そうなクライマー返しを触る。といってもいつも中間のピンチホールドが取れないので、下地が狭くても問題ない。この日も、ピンチホールドを触るが保持できずに終了。
日曜は、サイクリング。

コースは、
自宅-大垂水峠-相模湖勝瀬橋-県道76-県道516-国道412-三ヶ木-城山湖園地-川尻農協-自宅

走行 51km 平均20.1km/h

県道76と516は結構アップダウンがあって足に来る道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

小倉散策

先日、出張の帰りに飛行機の待ち時間が合ったので小倉を散策した。

小倉は、北九州市の中心として今でも盛んな街だが、元をただせば毛利氏が築き、細川氏、小笠原氏と受け継がれた城下町だ。九州の表玄関ともいえる。町並みはそれなりに落ち着いている。といっても、これまでは小倉と言えば丸源ビルというほど、バーやスナックの入った雑居ビルが多い印象があった。
これは、仕事で行くと会社の事務所、客先、ホテル、飲食街の四角巡りでほかに行かないせいにある。
で、今回の小倉2時間ほどの間に駅周辺を散策した。

20120510

まずは普段は行かない小倉駅の北口から海まで。距離約500m。たったの500mだが初めてでした海へ行ったのは。そこには松山行きのフェリーが止まっていました。フェリー埠頭の手前は公園になっていて、つりをしている人が3・4人。ちょうど中年の女性がなにやら釣り上げた所で、聞くと鯵を狙っているのが釣れるのは、このしろばかりとのこと。





20120510_2

埠頭から駅方面に戻って、さらに小倉城の方へ行くと途中で長崎街道の跡という碑があり、それに沿って道を行くと、旧小倉警察というらしき建物がありました。しかし、中に入るとそこはブティックというか、若者向きの洋服や靴・小物を売っている店になっていました。

そこから、小倉城に行き、八坂神社を拝観して観光案内所で貰った地図を見ると、ちょっとはなれたところに杉田久女の句碑と、森鴎外の旧居がある。

201205102_2







で、行って見ました。

花衣ぬぐや纏わるひもいろいろ

の句です。

歩み来て久女の句碑の葉桜や

201205101












鴎外の旧居は残念ながらしまっていたが、ここに鴎外森林太郎軍医は住んでいたのですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

足利紀行

今年のゴールデンウィーク後半は雨の多い連休だった。4日の休みのうち雨が降らなかったのは5日のこどもの日のみ。後は終日雨か、一時雨。それも結構ひどく降って、6日には関東平野のの東では竜巻被害が発生した。
さて、子供の日には家人と上の子と一緒に足利に行った。足利は私の父方の田舎で、今は本家とは縁がなくなっているが分家には叔父さんと従兄弟が居る。といっても、今では冠婚葬祭と年賀状だけの付き合いになってしまっているが。。。

そういえば、叔母さんのお葬式に行って以来足利には行っていない。お葬式のときは見物はしていないので、足利の街に行くのは私も30年以上になる。

さて、足利は北関東道路が出来、圏央道の高尾山インターが出来なので結構車で行くと近い感じがする。圏央道は裏高尾の問題など解決しない問題山積だが、出来てしまうと使ってしまうのですね。ところが、車の中で話をしているうちに高崎インターで乗り換えそこね、高崎インターで関越を下りて道に迷いながら改めて北関東道に乗ったりして予定を1時間ほど送れて到着。


最初に、足利学校周辺に行こうということで、街中の臨時観光駐車場に車を停める。無料です。これは良いですね。近くに土産物屋があって、これも無料の観光案内や市内地図が置いてある。
遅れたのでまずは腹ごしらえ。
金八先生の好きなあいだみつおさん縁の蕎麦屋でにしん蕎麦をいただく。これは結構上手い。ついでにお酒もいただきたかったが運転手なので自粛。

20120505

最初に行ったのは、どうやっても漢字変換が出来ないと思ったら手書き入力で出来た 鑁阿寺 ばんなじ と読みます。
12世紀に足利義兼が居館に大日如来をまつったことに由来する鎌倉時代から続く寺です。実はここには、江戸時代に再建された太鼓橋があって私の先祖がその橋の寄進に関与していたと言う縁の寺でもあるのです。


20120505_2

大銀杏もあります。














20120505_3

連休で、さびれた縁日のような露店が境内に少し。。。














鑁阿寺の次は足利学校。
これは足利市観光協会のウェブから拝借。
こちらは、観光ボランティアの方に案内をしていただいて、足利学校の歴史や意義などを丁寧にお聞きしながら見学。
しかし、私の30数年前の記憶ではこんな施設はなかったようなとお聞きすると、史跡足利学校としては2003年からの公開でその前は小学校があったのこと。だから、となりの鑁阿寺は覚えていても足利学校跡を見た記憶は無いんだ。
分家は近くなのだが生憎この日は留守。

201205051

次に、足利フラワーパークへ。実は家人はここへ行きたいと言っていたのです。
こちらは、夕方近くにもかかわらずすごい人手で、駐車場に入るまでにちょっと時間がかかる。
入場券を買って入ると、まずは立派な藤棚が迎えてくれました。ちょうど藤の花が見ごろになったと言うことで、どうも藤の花も開花が遅れていたらしい。

しかし、見事なものです。普通の棚つくりも有るけど、中には立てに弦が延びるようにして藤のカーテンのようにしてあるものがあり、夜にはライトアップされて綺麗でした。
特に、藤棚の下に入ると花の香りがとても気持ち良い。
入園料はちょっと高いけどこれだけの花をわずかな観光のハイシーズンの収入で維持していくのは大変だろうなあと思いました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

今日も雨

今日は連休2日目。昨日は雨の一日で、だらだらと家で過ごしたので、今日は何とか外へ出ようと思ったが天気予報は生憎今日も雨模様。
それでも、昼前に晴れ間も出てきたので御岳に行こうと11時過ぎに家を出る。ところが、奥多摩方面には黒雲。しばらく走ると雨がポツリポツリと降ってきた。
仕方なく、Uターンして家に戻る。奥多摩方面は黒雲だが、南のほうは雲も高く、雨は降っていないようなので、サイクリングに出ることにした。

というわけで、12時半ころには自転車にまたがって家を出たが、またもや雨がポツリポツリとしてきた。しかし、南下すればまだ雨には追いつかれそうもないと、速度を上げる。
しかし、これは帰りを考えない行為でした。結局、南下するときのいつもの癖で相模川右岸を国道246に出るあたりで雨に追いつかれ、あきらめて雨中走行で帰路に着く。

5月とはいえ、雨の中ではやはり体温が奪われる。しかし、これも自分で巻いた種。かなりの雨足の中家に戻る。結局家まであと少しになるまで雨中走行を続け本日は終了。

コースは、
自宅-川尻農協-相模川右岸-国道246-県道54-相模川右岸-川尻農協-自宅

走行
52.8km 平均22.5km/h ちなみに雨が降り出す前の246までは24.5km/hだったので帰りだけは20.5km/h位か。途中高田橋の鯉のぼりを雨中では見る余裕もなく、道路の渋滞に巻き込まれたりしたので、まあまあの速度かな。。。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »