« 足利紀行 | トップページ | 先週末 »

2012年5月15日 (火)

小倉散策

先日、出張の帰りに飛行機の待ち時間が合ったので小倉を散策した。

小倉は、北九州市の中心として今でも盛んな街だが、元をただせば毛利氏が築き、細川氏、小笠原氏と受け継がれた城下町だ。九州の表玄関ともいえる。町並みはそれなりに落ち着いている。といっても、これまでは小倉と言えば丸源ビルというほど、バーやスナックの入った雑居ビルが多い印象があった。
これは、仕事で行くと会社の事務所、客先、ホテル、飲食街の四角巡りでほかに行かないせいにある。
で、今回の小倉2時間ほどの間に駅周辺を散策した。

20120510

まずは普段は行かない小倉駅の北口から海まで。距離約500m。たったの500mだが初めてでした海へ行ったのは。そこには松山行きのフェリーが止まっていました。フェリー埠頭の手前は公園になっていて、つりをしている人が3・4人。ちょうど中年の女性がなにやら釣り上げた所で、聞くと鯵を狙っているのが釣れるのは、このしろばかりとのこと。





20120510_2

埠頭から駅方面に戻って、さらに小倉城の方へ行くと途中で長崎街道の跡という碑があり、それに沿って道を行くと、旧小倉警察というらしき建物がありました。しかし、中に入るとそこはブティックというか、若者向きの洋服や靴・小物を売っている店になっていました。

そこから、小倉城に行き、八坂神社を拝観して観光案内所で貰った地図を見ると、ちょっとはなれたところに杉田久女の句碑と、森鴎外の旧居がある。

201205102_2







で、行って見ました。

花衣ぬぐや纏わるひもいろいろ

の句です。

歩み来て久女の句碑の葉桜や

201205101












鴎外の旧居は残念ながらしまっていたが、ここに鴎外森林太郎軍医は住んでいたのですね。



|

« 足利紀行 | トップページ | 先週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉散策:

« 足利紀行 | トップページ | 先週末 »