« とても久々に瑞牆 | トップページ | 海へ »

2012年6月27日 (水)

札幌 石山公園ボルダー

月曜に北海道で仕事があったので、日曜に移動して札幌にある石山緑地に行ってみた。というのも、北海道のボルダーをインターネットで検索したら札幌市内にあって午後からでも行くことができる石山緑地というところが検索できたので行っていることにしたのだ。

新千歳空港から電車で札幌へ、荷物をコインロッカーに預けて地下鉄で真駒内へ。真駒内で遅い昼用にパンを買って、バスで石山陸橋まで行く。真駒内のバス停を探すのに手間取って、公園に着いたのは午後3時ころ。

201206241

公園でも最初は児童の遊具などがある一角に行ってしまいそこでで、石切り場跡を聞いていよいよボルダー探し。









201206242

早速目に付いたのは、どうやらクロックタワー岩。この写真の左のカンテに課題があるようだがとても高い。
右面の下にチッピングされた感じのトラバース課題もあるが、本命は次の写真のにある反対側の面。
















201206248

この面には色々な課題が設定されている。

私が触ってみたのは、岩の右から左へトラバースする課題。ちょうど写真でチョーク跡が続いている部分から、2本の木の間に見える黒い出っ張りへ抜けるもの。(これは、結局左側の木のあたりで何回やっても落ちて終了。)

木の間に見える出っ張りに見えるチョーク跡から大きな面の右上のテラスに至る課題。(これは、スタートできず。)

さらに、写真の左端にある黒いカンテ状の部分を登るもの(次の写真。)これは、6級くらいで何とか完登。

201206247

 















 

201206244

岩を探してさらに行くと、またもや高い岩があってボルダラーが一人居た。これは、顕著な真ん中のクラックを使って1mくらい上がって終了。マットなしなのであまり無理する気になりません。







201206245_2

さらに奥には、カンテの上にボルトとカラビナがある岩を見つける。これは、カンテから右へとガバのポケットを使ってトラバース(下のほうです。)

 

しかし、こららの岩はいかにも石切り場跡という感じで、まあ当たり前ですがノミの跡をフットホールドにするような課題ばかりです。





201206243

その中で、駐車場から最も近い岩がドルマリンブロック岩。実は、一通り岩を見てトイレに行くのに駐車場へいったときにこの岩とそこに居た3人のボルダラーに気づきご一緒させてもらいました。その課題が、ダニエルと言う課題。これは、右からスタートして真ん中のガバを取って終わりらしいのですが、私はこの方のムーブを真似てやってみたが、左手をガバに飛ばすと右足が切れて振られ落ち。何回やっても同じ。
聞くと本当は、真ん中のガバからさらに左に言って写真からは切れているあたりで上へ上がるまでが一つの課題らしいのだがその途中までで一区切りと言うらしい。この岩は多少は自然の岩にあるようなホールドで面白いのだが、案外足が滑ってやりずらい。

201206246

この3人とは、このあとクロックタワー岩でも一緒になり一緒に課題を触らせてもらいました。

なんだかんだで、6時過ぎまで遊んで岩質のせいか指先がヤスリをかけたように磨かれて終了しました。




かえりは、親切にも最初に会った一人のボルダラーに真駒内の駅まで送ってもらって札幌へ。

6月24日にお会いした石山緑地のボルダラーの方々ありがとうございました。 


















|

« とても久々に瑞牆 | トップページ | 海へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 石山公園ボルダー:

« とても久々に瑞牆 | トップページ | 海へ »