« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月24日 (火)

雨の瑞牆ボルダー

先週の天気予報では悪くない天気だったが日曜日は、蓋を開ければあまりぱっとしない天気。それでも何とかなるだろうとジム仲間のSさんY君と瑞牆ボルダーに行った。

朝起きると雨の降った跡があり同色は濡れている。中央道を走っていると雨がぱらついてくる。瑞牆の駐車場には車は少なく、一面の霧。これは、下から見たら雲の中なんだろうな。

とりあえず、マットと荷物を持って、三の谷エリアへところが途中の岩を触ると濡れていて、美しき日の岩につくとこれも濡れている。その先にあるエレス・アクベの岩はかろうじて取りつきのハングの下は乾いているがその上は濡れている。
他に乾いているところはないかと二の谷エリアへ向かうがこちらも濡れていてパッとしない。
結局、エレス・アクベの岩を触ろうということになって三の谷へ戻る。

Imgp2394_480x640

私も次に被ったところを抜けて右足でSさんと同じところに立ったが、左手のホールドが良いことをあてに、左足を上げる前にリップを右手で取りに行ったところ何の摩擦もなくそのままするっと右手が滑ってあえなく落下。

それを見たせいか、つぎにトライしたY君は右足に立ち上がることなくクライムダウン。

つぎに、どうせダメもとでエレス・アクベをやってみる。
こちらは、何とか離陸ムーブを探って、被った岩のリップをとってからカンテにひだりてを飛ばすところまで。ところがなかなかカンテが止まらない。やはり濡れているせいもあるか。もっともカンテが止まってもその先が良くわからないのだが。。。


Imgp2404_640x480

これはリップをとってカンテに左手を飛ばすところ。









Imgp2405_640x480

そのあとは、美しき日の横にあるコールド・スリープに移動。タオルでホールドを拭いてチョークをはたいて何とか登れるようにして、SさんY君がトライ。私はこれは離陸が苦手系で、5回に1回程度しか離陸出来ず、離陸できても1手目が取れずに、とりあえず1手目のリップをとってからのムーブを探る。そのうちSさんもY君もこれに加わってくる。
結局、雨がぱらついたり薄日が差したりする中長い時間ムーブの探り合いをするがうまくいかず。

写真は離陸ムーブのY君。

その後は、ガリガリ君に移動。ここには、4名のボルダラーがいたが、そのうちの一人がガリガリ君マスターとのことでムーブを教えてもらう。それは、スタートホールド上の縦カチというかスローパーというかを右手で上部のスローパーをラップして左手で縦カチをピンチ持ちで足を上げるというもの。これがぴったり。といっても力がなくてその先は進めなかったが、次回は最後にガリガリ君でなくて最初にやれば何とかなるかなあという結果でした。

Imgp2407_640x480

帰り際には、写真のような太陽を見て天気の割には一日良く遊んだ日でした。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

瑞牆ボルダー

さて、月曜は瑞牆ボルダーへ。
一緒に行ったのは、ジム仲間のひげのKさん。
朝、7時過ぎにKさんを途中で乗せて中央道へ、途中車の話や人の噂やなにやらして9時半過ぎに瑞牆の駐車場へ。
着くと、来るかもしれないと聞いていたパン屋のKさんが居た。考えてみたらどちらのKさんも10年以上の知り合いで、昔はクライミングでもともにルートに行っていた仲間だ。今は、ルートよりボルダーだけど。。。

あとは、泊まりできているはずのSさんと落ち合う予定だが、Sさんは駐車場には居ない。そこでとりあえず私の前回瑞牆で登れなかった課題を触りに大黒岩方面に向かう。駐車場には車がたくさん停まっていたが、岩場に着くと誰も居ない。まあ、こんなこともあるのだろうな。ちょっといぜんの瑞牆の雰囲気である。

パン屋さんは最近はあまり登っていないようだし、ひげさんもあまり外には来ていない様なので、とりあえず5級の課題のある団栗岩に。
私は、団栗(5級)を3回目で登って、まずは前回の借りを返す。ひげさんとパン屋さんは8級を触る。

20120716_4

次に、前回と同様その上の4級の好課題を触る。こちらも何回か目に完登。これも借りを返す。パン屋さんは昼寝。ひげさんは4級を何回かやる。そのうちパン屋さんも加わり4級のセッション。このくらいがちょうど良いです。(写真はひげさんと、私)





20120716_42










20120716_1

その次は、いよいよ3級の課題へ。パン屋さんは伊那に行く途中に寄ったとのことで、昼で瑞牆を後に。

3級に行くと、ちょうどSさんがやってきた。そこへ、他の人たちも加わり3級セッション開始。他の人たちは、強い人も女子も混じっているが、強い人たちは一撃の嵐。女子は中でも小柄な人が何回かのトライの後に、レイバック気味にカンテの上の方を取って完登。

ひげさんも、3・4回のトライで完登。私は、最初の3回目くらいで、惜しい登りがあった後、泣かず飛ばず状態が続き、ようやく最後に完登。ようやくこれで前回の借りは全て返した。



20120716_2












その後は、隣の初段をSさんがやるので触ってみるがどうも離陸できず。

222220120716

その後は、下のほうに移動して、あまり誰も触っていないような2級の課題をSさんひげさんと3人でセッション。
これは、離陸は簡単だがその後のスローパーとめてマントル返しが核心。私は何とかスローパーをとめるまで行ったが、その後手をもう少し良いところに出せずに終了。
帰りは、中央道渋滞の情報に途中で降りて裏道を通って、3時間半ほどで帰着。
しかし、面白い一日でした。


瑞牆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

サイクリングのち芝刈り

7月の3連休。初日は家で新たに買ったPCのセットアップ。ところが、これまで使っていた家の無線LANの機械との設定が上手くいかず、結局家中のPCとプリンタの設定がむちゃくちゃになり挫折。このブログもいまだに古いPCで書いている。
さて、日曜は久々にサイクリングをしてその後庭の芝刈り。サイクリングは月曜にボルダリングに出かける予定のためちょっと気軽にといつも行く近くのコースにした。

自宅-大垂水峠-千木良-三ヶ木‐小倉橋-自宅
走行39.4km 平均19.5km/h
しかし、梅雨明け前とはいえ本格的に暑くさらに湿度も高く、まいりました。

20120715

大垂水峠には、サイクリストが一杯でした。
瑞牆
遠くにいるのは5・6名のサイクリスト















20120715_2

さて、自宅に帰って缶ビールでのどを潤し、芝刈りモードに移行。実は前週、近所のホームセンターで新しい芝刈り機を購入。これまで使用していたのは、今の家に移ってきたときに買ったもので、もう10数年経っていて刃が鈍っていて芝が良くかれなかったが、とうとう新しい芝刈り機で楽に芝刈り開始、と思ったが楽は楽で今までの半分以下の時間で終了したが何しろ午後の暑い盛りでこれも、まいりました。

瑞牆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

海へ

6月最後の土曜、梅雨の晴れ間に海までサイクリングに行った。
海までといえば、私の家からは湘南海岸が近い。

特に、境川・相模川とサイクリングロードや交通量の少ない道を選んで行けることやまったくの平坦路なので足への負担も少ない。
と言うことで、往きは境川、復路に相模川を利用して行こうというのが大まかな計画。ところが、境川の途中から普段は通らない道を通ったことで、境川から一本西よりの引地川を巡って海まで出ることになった。

コースは、
自宅-町田街道-境川右岸・左岸-町田-引地川-蓼川-県道43号-引地川-湘南海岸-茅ヶ崎-県道46号-相模川左岸-川尻農協-自宅

走行108km 平均20.5km/hだった。

サイクリング中の写真を少し。

201006301

初めて出会った引地川










201006302

引地川途中の公園にあった小さな神社。家族連れがめだか?を捕っていた。








201006303

引地川の案内図

















201006304

引地川河口









20100630

相模川途中で、ロックのカラオケ(?)をやっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »