« サイクリングのち芝刈り | トップページ | 雨の瑞牆ボルダー »

2012年7月17日 (火)

瑞牆ボルダー

さて、月曜は瑞牆ボルダーへ。
一緒に行ったのは、ジム仲間のひげのKさん。
朝、7時過ぎにKさんを途中で乗せて中央道へ、途中車の話や人の噂やなにやらして9時半過ぎに瑞牆の駐車場へ。
着くと、来るかもしれないと聞いていたパン屋のKさんが居た。考えてみたらどちらのKさんも10年以上の知り合いで、昔はクライミングでもともにルートに行っていた仲間だ。今は、ルートよりボルダーだけど。。。

あとは、泊まりできているはずのSさんと落ち合う予定だが、Sさんは駐車場には居ない。そこでとりあえず私の前回瑞牆で登れなかった課題を触りに大黒岩方面に向かう。駐車場には車がたくさん停まっていたが、岩場に着くと誰も居ない。まあ、こんなこともあるのだろうな。ちょっといぜんの瑞牆の雰囲気である。

パン屋さんは最近はあまり登っていないようだし、ひげさんもあまり外には来ていない様なので、とりあえず5級の課題のある団栗岩に。
私は、団栗(5級)を3回目で登って、まずは前回の借りを返す。ひげさんとパン屋さんは8級を触る。

20120716_4

次に、前回と同様その上の4級の好課題を触る。こちらも何回か目に完登。これも借りを返す。パン屋さんは昼寝。ひげさんは4級を何回かやる。そのうちパン屋さんも加わり4級のセッション。このくらいがちょうど良いです。(写真はひげさんと、私)





20120716_42










20120716_1

その次は、いよいよ3級の課題へ。パン屋さんは伊那に行く途中に寄ったとのことで、昼で瑞牆を後に。

3級に行くと、ちょうどSさんがやってきた。そこへ、他の人たちも加わり3級セッション開始。他の人たちは、強い人も女子も混じっているが、強い人たちは一撃の嵐。女子は中でも小柄な人が何回かのトライの後に、レイバック気味にカンテの上の方を取って完登。

ひげさんも、3・4回のトライで完登。私は、最初の3回目くらいで、惜しい登りがあった後、泣かず飛ばず状態が続き、ようやく最後に完登。ようやくこれで前回の借りは全て返した。



20120716_2












その後は、隣の初段をSさんがやるので触ってみるがどうも離陸できず。

222220120716

その後は、下のほうに移動して、あまり誰も触っていないような2級の課題をSさんひげさんと3人でセッション。
これは、離陸は簡単だがその後のスローパーとめてマントル返しが核心。私は何とかスローパーをとめるまで行ったが、その後手をもう少し良いところに出せずに終了。
帰りは、中央道渋滞の情報に途中で降りて裏道を通って、3時間半ほどで帰着。
しかし、面白い一日でした。


瑞牆

|

« サイクリングのち芝刈り | トップページ | 雨の瑞牆ボルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆ボルダー:

« サイクリングのち芝刈り | トップページ | 雨の瑞牆ボルダー »