« 瑞牆ボルダー | トップページ | Fitsクライミングジム »

2012年7月24日 (火)

雨の瑞牆ボルダー

先週の天気予報では悪くない天気だったが日曜日は、蓋を開ければあまりぱっとしない天気。それでも何とかなるだろうとジム仲間のSさんY君と瑞牆ボルダーに行った。

朝起きると雨の降った跡があり同色は濡れている。中央道を走っていると雨がぱらついてくる。瑞牆の駐車場には車は少なく、一面の霧。これは、下から見たら雲の中なんだろうな。

とりあえず、マットと荷物を持って、三の谷エリアへところが途中の岩を触ると濡れていて、美しき日の岩につくとこれも濡れている。その先にあるエレス・アクベの岩はかろうじて取りつきのハングの下は乾いているがその上は濡れている。
他に乾いているところはないかと二の谷エリアへ向かうがこちらも濡れていてパッとしない。
結局、エレス・アクベの岩を触ろうということになって三の谷へ戻る。

Imgp2394_480x640

私も次に被ったところを抜けて右足でSさんと同じところに立ったが、左手のホールドが良いことをあてに、左足を上げる前にリップを右手で取りに行ったところ何の摩擦もなくそのままするっと右手が滑ってあえなく落下。

それを見たせいか、つぎにトライしたY君は右足に立ち上がることなくクライムダウン。

つぎに、どうせダメもとでエレス・アクベをやってみる。
こちらは、何とか離陸ムーブを探って、被った岩のリップをとってからカンテにひだりてを飛ばすところまで。ところがなかなかカンテが止まらない。やはり濡れているせいもあるか。もっともカンテが止まってもその先が良くわからないのだが。。。


Imgp2404_640x480

これはリップをとってカンテに左手を飛ばすところ。









Imgp2405_640x480

そのあとは、美しき日の横にあるコールド・スリープに移動。タオルでホールドを拭いてチョークをはたいて何とか登れるようにして、SさんY君がトライ。私はこれは離陸が苦手系で、5回に1回程度しか離陸出来ず、離陸できても1手目が取れずに、とりあえず1手目のリップをとってからのムーブを探る。そのうちSさんもY君もこれに加わってくる。
結局、雨がぱらついたり薄日が差したりする中長い時間ムーブの探り合いをするがうまくいかず。

写真は離陸ムーブのY君。

その後は、ガリガリ君に移動。ここには、4名のボルダラーがいたが、そのうちの一人がガリガリ君マスターとのことでムーブを教えてもらう。それは、スタートホールド上の縦カチというかスローパーというかを右手で上部のスローパーをラップして左手で縦カチをピンチ持ちで足を上げるというもの。これがぴったり。といっても力がなくてその先は進めなかったが、次回は最後にガリガリ君でなくて最初にやれば何とかなるかなあという結果でした。

Imgp2407_640x480

帰り際には、写真のような太陽を見て天気の割には一日良く遊んだ日でした。












|

« 瑞牆ボルダー | トップページ | Fitsクライミングジム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の瑞牆ボルダー:

« 瑞牆ボルダー | トップページ | Fitsクライミングジム »