« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

瑞牆巡礼

金曜が山梨の関連会社で仕事があったので、そのまま車で瑞牆へ行って駐車場で車中泊土曜の朝から瑞牆ボルダーを登ってきた。

金曜の夜は、駐車場は満点の星。しばらく車から折りたたみ椅子を出して星を眺める。カシオペア座が天空高く登っていた。

車を少し小さめに買い替えたので、後部シートを倒してもまっすぐには体を伸ばすことができずトランクルームに斜めに寝ることになった。それでも、途中寝返りで起きた程度で7時過ぎまで眠る。

朝になってもルートへ行く人がちらほらいるだけでボルダラーはほとんどいない。少し前の喧騒ぶりはどこへ行ったのだろう。

8時半ころに出発準備を整えて駐車場を出る。今日は一人で来たので、色々な課題をちょっとずつ触ろうと思う。まずは、行きがけにいつも帰りに触って力のなさを実感しているガリガリ君の岩に向かう。

Ts3h0472_480x640

岩に着くと、こちらも単独のボルダラーが一人いた。聞くと、橋本から来たとのことでまあ、近所ですねと挨拶する。
ガリガリ君は、前回来た時に一手目に右手でスローパーを包むように持って左手をその手前のカチをピンチで持つような手順でやってうまくいきそうだったので、それをやってみる。しかし、帰り際にやるのと朝の元気な時にやるのでほとんど気がする。
ついでにガリガリ君のトラバースもウォームアップ代わりにやってみるがこれは、2/3程度で落下。
まあ、朝からここばかりにいるのも何なのでそこそこに切り上げて互いに今日はどの辺に行くと言い合って橋本のボルダラーと別れて次に向かう。





Ts3h0475_640x480

次に行ったのは、高野聖。
こちらは人っ子一人いない。静かなものです。

新涼や森の巨岩の白きかな

高野聖は久しぶりに触るので、とても手が出ません。そこでその横のトラバース課題をやって。ーパーを止めるところが越えられず敗退。

場所が静かなのは良いのだが、ハエが飛んできてちょっとうるさいので高野聖を後にする。

Ts3h0476_480x640

その次は、倶利伽羅岩ここには先客一人。その人に静かですねと挨拶をして、倶利伽羅を触る。これも離陸して最初の左手のカチスローパーが止まらず。敗退。これも前に触った時と同じ。

帰りがけには、千里眼岩の百里眼の方をやるが、もうすでに指先が痛くて細かいカチは上手くホールドできず、ランジの態勢になれずに敗退。










Ts3h0477_480x640

つぎは、エレスアクベの岩へ。これは、前回小雨が降ったりやんだりの中でトライした岩の右手の3級の課題を登るため。
こちらは、雨で濡れていた時にリップまでは行っていて、リップが止まらずそこから落ちたのでまあ、晴れていれば登れるはず。
ところが、最初は手順を忘れていて、2・3回下のほうで落ちる。そこで、少し落ち着くために昼を食べて、再トライ。するとあっけなく上まで上がり、リップも良く見てポケットがあるのを確認して難なく登る。しかし、前回の落ちた記憶があるので上に上がった時には緊張しているのがわかりました。
ついでにエレスアクベのスタートもやってみるがこの日はもうあまり力がなくてあっさり引き下がる。




Ts3h0479_480x640

次に行ったのは、阿修羅の岩。
まあ、ちょっと遠いけどその間が腕や指を休ませるのにちょうど良い。阿修羅の岩に着くとこちらも誰もいない。とりあえず、そばの傾斜したベッドのような岩で一休み。寝転がって眼をつむる。瞼を開けるとまだカラマツの葉が青々と美しい。

そのうち、ちょっと上の方からマットをたたいたり荷造りする音が聞こえて、人が下りてきた。 見ると橋本のボルダラー氏だ。今日は途中でもすれ違ったので3回目。まあ行く先を言い合ったのでちょっと影響されたかな。というところでしょう。
で、話をしていると何だか雨がぱらつく音がする。ありゃー雨だ。急いで、阿修羅を触る支度をする。

写真も日は射しているのに、雨が降っているのです。

今回は、最後の方になったが、橋本の人が見ているのでちょっとは気合を入れて左手で何とか上の方のクラックをとろうと何回かトライする。結構、惜しいのがあって指先がかかりそうになるが止めることはかなわず。立て続けに数回もやると力が足りなくなって、西の方は

これで高野聖から阿修羅までの巡礼は終了。

新涼や森に精気の満ちてをり

結局、支度をして駐車場を出たのは16時でした。

家には19時過ぎに帰り着き、テレビでFC東京が久しぶりに勝つのを見ることができました。

おまけ
今日は、昨日の疲れを取るリハビリサイクリング。自宅から相模川沿いに高田橋まで下り、相原十字路から八王子みなみ野をぐるっと回って、

走行36.1㎞ 平均22km/hでした。

秋茜群れ出で指に止まりけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

先週の小川山

先週の日曜、ジム仲間のN君の車で同じくジム仲間のKさんと3人で小川山に行った。
もともとは、土曜に瑞牆へ行こうと言っていたのだが土曜は天気が良くなさそうなので日曜にして、岩の乾きが早そうな小川山に変更。

N君は、最近引っ越したらしくジムにはずいぶん行っていないとのこと、岩に行くのも今年の2月にわたしと川井ボルダーに行って以来とのこと。

廻り目平に着いてとりあえずは、クジラ岩に行ってみる。しかし、朝なのでまだ岩がしけっている。できたらグロバッツスラブを触ろうと思っていたので、ちょっとこのコンディションでは芳しくないので、ほかに移動することにした。

そこで、前回行った水晶スラブ下ボルダーと雨月岩に移動。
とりあえず涙岩で、涙涙 1級をやることにする。N君とKさんはホワイトティアーズ。

Imgp2470_640x480

写真はホワイトティアーズのN君

前回涙涙は前回登れなかった課題。これは、指の痛さに耐えて細かなホールドをしっかり掴めるかが勝負の課題だ。で、結局この日も敗退。何回かやるうちにいつも同じ個所が岩の結晶に当たるため指が痛くなって断念。ホワイトティアーズの二人も断念するというので、雨月方面に移動。

雨月は、前回と同じ感じだったがまあこんなものでしょう。雨月の下にある岩の3級の課題をやっている人たちがいたので、KさんN君も一緒にこちらも触らせてもらう。これも何だか難しく途中で断念。





そのあとは、石の魂に移動。こちらにも4・5名の人がいてAITなどをやっていたが私は石の魂を触る。

Imgp2474_480x640

写真は石の魂の私。この左手ホールドが痛いのです。これから右足を上げて、右手のピストルホールドをとる。


N君とKさんは、昼寝を決め込んでいたが何回かトライしているうちに先ほど雨月の下の岩にいた人たちがやってきて一緒に石の魂をやりだす。そをのうちの一人が核心の右手のホールドは、ピストルを持つように親指を上にかけて人差し指以下を下のサイドホールドにかけると良いと教えてくれる。
しかし、やってみるとサイドに指がかかるが親指がかからない。結局これも左手の痛みがひどくなって断念。





Imgp2476_640x480

最後に、帰りがけの駄賃のように分岐岩で6級のトラバース課題を登って本日終了となりました。

写真はトラバース中のKさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

夏休み終了サイクリング

長かった(といっても土日を除くと5日間の)夏休みもほとんど何もせずに終了。今日は、普段の土曜日です。
夏休みの間にしたことは、
月曜:鎌倉までサイクリング
火曜:家人の実家が引っ越したので引っ越し先にごあいさつ
水曜:家にあった粗大ごみをまとめてごみ処理場へ持ち込み。この中には、古いウィンドサーフィンの板やスキー3台、スーツケースを含む。
木曜:朝のうちに洗車をして、その後は読書と昼寝
金曜:昼寝をして午後からサイクリング

まあ、大したことはしていません。こんなで一週間は簡単に過ぎてしまうのですね。

サイクリングは、
自宅‐八王子西インター横‐戸板峠‐小峰峠‐五日市街道‐多摩川‐浅川‐片倉城址‐湯殿川‐自宅
走行61.2km 平均20.6km/h というこれも平凡なサイクリング

ちなみに今日はFC東京の試合を見に行ったが負けた。

で写真も句もなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

夏休みの始まりは海へ

珍しく今年は会社の夏休みが長く、というか世間並みにというか土日を前後に9日間休みだ。
とはいっても、特にどこかに行く予定も立てず、交通機関や道路の混雑を考えるとあまりどこかに行こうという気にもならない。

初日の土曜は、普通の土曜と同じというか高尾句会が変則的に早くあり、そのあとジムに行って家に帰ってからは、テレビでFC東京のゲームを見てお酒を飲んでお仕舞。
日曜は、日ごろの疲れからか胃の辺りが痛く、一日寝て過ごす。

さて、これは考えてみれば土曜と日曜で夏休みは月曜から始まると言っても良い。
そこで、とりあえず月曜は自転車で海へ行くことにした。海へ行くということはちょっと長めに自転車に乗るが、登りは無し。

コースは、どうしようかと考えたが場合によっては城ケ島まで行って帰りは輪行で戻っても良いと輪行袋を携帯して行くことにした。出発は11時。

Imgp2456_640x480

まずは、境川に沿って江の島まで行こうと町田街道から境川に出る。しかし、向かい風が強い。ほとんど正面から、風速7-8mの向い風。それでも平均22㎞程度は出しながら進んでいくがそのうち風の中を進むのが嫌になる。

そうこうするうちに、ようやく国道1号線に出る。いつもならここから藤沢駅前をとおって江の島あたりに出るのだが、なんとなく1号線を左折してしまう。
そのあとは、右折して逗子あたりまで行ってから海に出るつもりだったが、途中道がわからなくなり、ちょうど居合わせた郵便配達の人に聞いて鎌倉への道を聞く。

Imgp2458_640x480

結局、北鎌倉の渋滞をすり抜け鶴岡八幡まででる。

Imgp2459_640x480

そのあとは、海まで出るが風はますます強くなる。海沿いの道では浜辺から砂が飛んできて体に当たって痛い。足も少し売切れてきたので、先へ進むのはやめて、江の島方面からまた境川に出て、追い風を期待して帰ることにした。

Imgp2462_640x480

しかし、夏場の昼の走りはどうもミネラルが欠乏しやすいようで、途中スポーツドリンクを補給しながら走っていたが、とうとう左足の内転筋が痛んで、攣ってきた。それを何とかなだめながら家に帰着はもう暗くなってからだった。






コース
自宅‐町田街道‐境川‐国道1号‐北鎌倉‐鶴岡八幡‐海岸道路-藤沢‐境川‐町田街道‐法政大学‐自宅
走行125㎞ 平均19.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

今年最初の小川山

先週の日曜日に今年初めて小川山に行った。
メンバーは、Kさん、Sさん、Y君と私。
Kさんの新車に乗って出発。

今年は瑞牆に何回か行ったが、小川山には今回が初めてだ。廻り目平につくと車は多いが駐車スペースがないほどではない。
廻り目平は瑞牆より少し涼しく快適だ。今回は水晶スラブ下ボルダーに行く。涙岩、犬岩、不可能スラブの辺りだ。

まずは、涙岩の6級でウォームアップ。ところが他の3人がどんどん一撃するのに、私は手間取って3回目で登る。

Imgp2432_640x480

つぎは、ホワイトティアーズ4級。これはボルダリングを始めたころ登った課題だが、結構手こずってしまう。何とか4・5回目で登る。
Kさんもこの課題にてこずっている。これは、2通りの登り方がるけど私は、右足を上げていってリップを右手でとる登り方。ほかの人たちは左足を上げて左手で浅いポケットをとって上がるやり方。
あとでこちらもやってみるが、こちらのほうが難しい。


Imgp2434_2_480x640

そのあとは、涙涙1級をやるがこれは難しい。結局、Y君が登ってちょうど誕生日だったY君を皆で祝福。









Imgp2443_640x480

いい加減涙岩は飽きたので、Y君と二人で雨月初段を触りに行く。
雨月は去年初めて触って、今回は何とか進みたいものだ。
Y君に携帯で動画を見せてもらい、どうやらやり方がわかってくる。

左手でカンテを抑えて、右手を斜めのカチホールドからスローパーに上げて右足を手に近くにヒールフックして、右手をちょっと上のカチに持ちかえて、左手でカンテの上のほうをとるところまで何とか進める。しかし、写真では頭の上に見える知る部分の上のほうがなかなか取れません。

そこでまた、涙岩方面へ戻る。

あとは色々な課題を触りながらのんびりとして、といっても、初めて虹の入り江を触ってみたりしながら夕暮れ近くまで遊んで帰路につく。

帰りは、ナナーズによってY君の誕生祝の缶ビールで乾杯。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

サイクリングと八王子祭り

今日は、なでしこジャパンのブラジル戦を見ていて寝たのが3時過ぎだったのでゆっくり朝寝坊をしようと思っていたのがなんとなく7時に目が覚めてしまう。完全な寝不足。かといって起きてしまったものは仕方がない。しかし、パフォーマンスが悪い。

暫くうだうだしたのち、床屋と図書館へ行って午前はお仕舞。

20100804

昼を食べるとさすがに眠くちょっと昼寝。夕方近くなってとりあえずサイクリングに出かけようと思って自転車

 

をおろすとなんと後輪がパンクしている。仕方がないのでチューブの交換。今日は連日の暑さが少し和らいで、天気は曇り。とりあえずチューブを交換したのち近所の自転車量販店で替えのチューブを購入して出かける。途中で、八王子祭りで交通規制の看板があって、そうか今日は八王子祭りかと気づく。しばらくぶりで見に行こうと思ったのでまずは近所でちょっと登ってそれから祭りを見に行くことにする。

 

出かけた先は、裏高尾から小仏峠の車道の終点まで。それから20号と浅川土手を下って







220120804

八王子へ、八王子市街は祭りのたけなわで、20号を閉鎖して各町会の山車がでているところ
だった。

なんだかんだで、夕方に帰宅。

その後は、子供の自転車のチューブ交換をして本日の仕事は終了でした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

Fitsクライミングジム

今日は一年数か月ぶりに町田にあるFitsに行った。
普段は会社の帰りに行くにはちょっと行きにくい所にあるのであまり行くことができないが、今日は外出して都心方面から帰るし仕事が終わる時間も早いことが予想されたので、Fitsに行ってみることにした。
Fitsはいつも行っているジムの姉妹店で回転の時とその後も一度行ったが、広くてきれいなジムだ。

夕暮れの鶴川駅で降りてぶらぶらと7、8分歩くとジムに到着。
早速受付して着換えてストレッチをする。

先客は、少年をふくめて数名。ちょっっと少ない感じだが、のんびり登れそうだ。そこへ、顔見知りのKさんが現れる。Kさんはジムを運営している会社の社員だ。
最近は、Fitsに勤務でしているとのことで会う機会が減っていた。
受付には、N君がいる。N君はいつものジムでもスタッフをしているのでこちらも顔見知り。

短めの長ものを2つやって、つぎに触った11bの途中で前腕がパンプアップして落下。アップを終了してボルダー課題に取りつく。しかし、肝心の課題は難しく、やっとのことで4級を一本。

Ts3h0461_2

Kさんと5級登り較べをするがこれも、1本登っただけであとは、前腕の力がなくて最後まで行けず状態を繰り返す。ほかのお客さんに教えてもらった課題でセッションをするがぜんぜんだめでした。やれやれ。
結局2時間ちょっと登って終了でした。

Fitsは良いジムです。また機会を見つけてこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »