« 瑞牆巡礼 | トップページ | 北信サイクリングと松川ボルダー »

2012年9月 2日 (日)

札幌 磯山緑地 再び

先週金曜に仕事で北海道へ行った機会に、札幌に住んでいる知り合いのところへ寄り、ちょっとした用事を済ませて午後石山緑地へ送ってもらった。
石山緑地は、札幌軟石という石の石切り場跡で、目の比較的細かい砂岩であるが軟岩というだけあって柔らかく、表面が粉をふいたようになっている部分が多い。
先日、やはり北海道に行ったときに初めて行ってみて地元の人に課題をいくつか教えてもらった所だ。

今回は、今回は帰りの飛行機の時間まで3-4時間遊ぶ時間がある。しかし、9月になったのに札幌も暑い。

まずは、連れて行ってくれた友人に石山緑地を案内する。生まれも育ちも札幌で、東京からUターンして現在も札幌に住んでいる友人も石山緑地には来たことがないとのこと。

Ts3h0485

さて、ゴルフの練習に行く等いう友人と別れてまずはのんびりと緑地内をぶらついて、前回触らなかった岩を探す。
ウォームアップに、簡単な課題を設定して登ってみるが、最初の課題(写真ディエードル左のクラック状)は上部に行くにしたがって岩が脆くなって、途中から降りる。降りるとちゅでホールドが欠けて最後は低いが飛び降り状態。次にもう少し堅そうなガバの続くカンテ状(写真右側木の下)の課題は、上まで行くと岩のリップの上がぼろぼろの礫が積もっているだけ、とてもマントル返しができないのでクライムダウン。
さすがにチョーク跡のない所は簡単でも登られていないということか。

Ts3h0484

そこで、以前触ったドルマリンブロックという岩のダニエル5C+ という課題を触る。これはドルマリンブロックを右から左へトラバースする課題の前半。5C+ということは4級くらいか。これは前回地元の人に教わった右足をスタートホールドのそばにキョンをするムーブで3・4
回目に終了。続けてトラバースの後半をやるがこれは、細かなホールドをとるところで落花。といっても低いトラバースなのでマットなしの自分でも安心安全。

そこで、ほかの岩へ移動したりしてのんびり遊ぶ。白樺の林に石で作った舞台など公園としてきれいだし、風が爽やかで句作も進む。

結局午後遅くに友人に迎えに来てもらって札幌駅まで送ってもらうまで、ダニエルは6・7割の確率でできるようになったが、トラバ-ス後半はできずで終了でした。

秋の空縁取り揺れる梢かな

白樺の葉のひるがえり秋の風

プードルを連れ行く人や秋の風

磨かれし石のベンチや花野うち

秋茜一匹岩に居つきをり






|

« 瑞牆巡礼 | トップページ | 北信サイクリングと松川ボルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 磯山緑地 再び:

« 瑞牆巡礼 | トップページ | 北信サイクリングと松川ボルダー »