« doniti | トップページ | 土曜も日帰り日曜も日帰り 土曜:初恵那の部 »

2012年11月 7日 (水)

土曜も日帰り日曜も日帰り 土曜:小川山の部

11月最初の週末は、色々な経緯でというか自分の早とちりでというか土曜日帰り、日曜日帰りで出かけました。

まずは、土曜日。この日は、ジム仲間のY君と久しぶりに会うN君と一緒に、錦秋の小川山へ。

Ts3h0506

N君の車に乗って八王子から一路廻り目平へ。廻り目平は、落葉松が今が盛りの黄金色の紅葉。白樺も同じく紅葉の盛り。

白樺と落葉松きそふもみぢかな

この日は、フリクションが良くなったであろう期待を込めて、まずは雨月。
雨月岩に着くと、先客が一人。
雨月のあたりは紅葉した樹林から日が差し、暖かい。ストレッチをして早速触ってみるが、どうもムーブがしっくりこない。何回かやるうちに、ようやくヒ-ルフックする際の左手が高い位置にあってしっくりこないのだと気が付き、スタートができるようになるが、今度はヒールフックで足を倒すことができず、結局前回より退歩して終了。

N君と石の魂に向かう。木々の葉が落ちているので雨月から石の魂が見通せる。

Ts3h0509

さて、石の魂には数名のボルダラーがいたが、一緒に触らせてもらう。こちらは、日は射しているが風が強く吹き抜け寒い。
最初は何だかしっくりこず、左手の痛いポケットをきちんととることができない。

 

そのうち、最初にいた数名が移動し、新たに女子が一人やってくる。その人は最初のトライで、とて

 

も滑らかな動きでリップ下のポケットをとる寸前まで行く。

 

で、私は、その人のムーブをまねてやってみると左手ポケットは簡単に取れ、その次の第一核心の右手ホールドもゆっくり保持するムーブに入ることができた。といっても、保持は出来なかったが。。。

さて、先ほどの女子は、2回目のトライで見事に石の魂完登。おめでとうございますといって、ちょっと話をする。きれいなムーブでしたねというと、その人はずいぶん打ち込んだとのこと。

その後私は、何回かトライするが結局右手ホールドが保持できず終了。しかし、まあ一歩前進ですかね。

 

その後は、雨月に打ち込んでいたY君と一緒に駐車場近くまで戻り、N君の用意してくれた鍋を作ってちょっと遅めの昼食。日向を選んで始めた鍋も時間とともに日陰になりちょっと寒い中舌鼓を打つ。

昼食後は、クジラ岩に行ってグロバッツスラブを触る。
ところが、こちらも最初は全然駄目で、通称豚の鼻のホールドが取れなくなっている。
そうこうするうちに、この日調子がよさそうなY君がグロバッツ核心をこえて最後のガバポケットをとり、左に移動して最後のスラブを上まで抜ければ終了というところまで行く。ところが、Y君は惜しいかなその先に行かずに易しいフレークを伝って降りてしまう。

Ts3h0512

私はというと、Y君のアドバイスで豚の鼻を取るときに右足はホールドに立たないで左足だけでムーブを起こすことで豚の鼻を取ることができるようになったが、結局この日はそれまで、ということは前回と同じで進歩なし。

さて、日曜の顛末はまた。

|

« doniti | トップページ | 土曜も日帰り日曜も日帰り 土曜:初恵那の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜も日帰り日曜も日帰り 土曜:小川山の部:

« doniti | トップページ | 土曜も日帰り日曜も日帰り 土曜:初恵那の部 »