« FC東京 ホーム最終戦 | トップページ | R峡ボルダー »

2012年12月 3日 (月)

高幡不動 句碑めぐり

昨日は、朝のうちは良い天気だったが昼から曇りだし寒い一日だった。
そんな中、家人と高幡不動まで初冬ではあるがまだまだきれいな紅葉を見に行った。さて、紅葉のシーズンは終わり高幡不動の駐車場も空いているだろうと家から車で行く。案の定駐車場は空いていて何だか申し訳ないような感じである。

さて、お不動さんではとりあえず不動堂にお参り。境内においてある、境内案内の地図と高幡
不動の案内パンフレットを片手に紅葉を見物に行く。

ところが、これまで何回か来ているものの今回初めて案内の地図を見るとどうやら句碑がたくさんあることがわかった。そこで、句碑めぐりもすることとした。

まずは、芭蕉、波郷、菫糸の句碑

Pc020420_640x480

名月にふもとの霧や田のくもり

松尾芭蕉








Pc020421_640x480

 

濃あじさゐ吾らが病みし日も遠し

石田波郷








Pc020422_640x480

 

法鼓鳴り花人山を下りてゆく

有山菫糸







Pc020424_640x480

 

 

一と声は雲の中より百千鳥

高橋悦男







Pc020430_640x480

 


木に石に仏心棲めり紫陽花寺

加々美鏡水







Pc020432_640x480

 


むさし野の雲ふはふはと初不動

村沢夏風








Pc020438_640x480

 

未来図は直線多し早稲の花

鍵和田釉子






Pc020439_640x480


紫陽花も山紫陽花も法の山

清崎敏郎






Pc020441_640x480

 

如来出て掌に受け給ふ枝垂梅

山口誓子










Pc020443_640x480


この寺の風鐸の音濃あぢさゐ

皆川盤水









ところで、一つ句碑を見落としていました。そのうちに見に来ます。

最後に

拙句

不動尊色なほ褪めず散る紅葉

散る落ち葉緑黒朱の不動堂

 

|

« FC東京 ホーム最終戦 | トップページ | R峡ボルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高幡不動 句碑めぐり:

« FC東京 ホーム最終戦 | トップページ | R峡ボルダー »