2012神無月の句 の 続き

さて、11月の3連休中日は高尾句会で八王子の夕焼け小焼けの里の近くで吟行。

参加者は8名と少なめだったが、時雨が上がり青空も出てきて良い吟行となった。陣馬街道から、中村雨耕(野口雨耕)ゆかりの宮尾神社に寄って宮司さんの話を聞き、夕焼け小焼けの里で句会。

さて、その時の句

まずは先生に褒められた句

 霜月の里山はなほ色満ちて

こちらもちょっと直された(最初崩れてとしたのを薄れてが良いと)が、

 関跡の碑文薄れて冬紅葉

あとは先生に言われて少し直していますが、

 冬日差し雨耕生家に注連白し

 拝殿に塵一つなし冬の朝

 山里に雫の光る帰り花

最後の句はまだ推敲中ですが。。。

Pb240322_640x480 宮尾神社境内

Pb240323_640x480





夕焼け小焼けの歌碑















立冬も過ぎ、急に気温が低くなって家ではストーブを点け出しました。

秋は終わり冬の気配がだんだんと深まってきています。

しかし、Pb100239_480x640まだまだ秋の残りがあちらこちらに見られます。


















今回は、それでまだ秋の句です。

行く秋や噴煙雲に入り混ぢる

行く秋や人形芝居のはねてをり

行く秋を惜しむ如くに岩を攀ず

で、立冬

通勤の朝日の低く冬立ちぬ

屋上で一人の昼餉冬温し

地の酒やのどをするりと酢牡蠣かな

薄青に薄日の射して時雨るるや

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。