« 平戸往還 | トップページ | 3月は… »

2013年2月12日 (火)

数年ぶりに笠間ボルダー

さて、2月の3連休中日は、ジム仲間のMさんの車で久しぶりに笠間ボルダーへ行った。他にジム仲間の3人が別便で現地集合。

以前何回か行った時と同じに、ボルダーへ行く前に近くのスーパーで昼食を購入。笠間の駐車場へ着くと車の台数が多いのに驚く。以前は、広い駐車場に多くて4・5台しか止まっていなかったのにざっと20台くらいの車が停まっている。

とりあえず別便の人たちとの待ち合わせのシンプル岩に行く。
SさんとKさんに年始の挨拶をする。なるほど今年初めて会うのだ。もう一人のY君はすでに石器人スラブに取りついている。
しかし、シンプル岩はまるで御岳のような人だかりだ。笠間よお前もか!

P2100725_640x480

しかし、ちょっと先のワシントン倶楽部の岩は誰もいない。そこでMさんとワシントン倶楽部に取りつく。これは、以前あと少しまで行って登れていない課題だ。ところが、どうやっていたのか思い出せない。何回も試行錯誤してトライを重ねるが思わしくない。そうこうするうちにSさんも参加。3人でああだこうだとやって見るがどうしてもリップの上を触登る。

そこへ、若い人が一人やってきて思いもかけず、ランジでリップの奥をとって2回目で登ってしまう。でも私にはランジは出来ません。

私は、結局以前と同じリップを両手で押さえてずるずると落ちてお終い。

その後は、石器人スラブ、エモーション、ハートビートカンテとどれも中途半端に終わりその後は、恵津子のXXXXをやる。これはさすがに5級なので簡単に登れる。

P2100730_640x480

さて、今回の笠間の最後は、新しく見つけられた岩、うるまという課題のある岩にやるようにしよう行く。ここには、御岳でもあう先にエモーションであいさつした2人連れがいた。しかし、うるまはとても離陸すらできない。
しかし、2人連れがやっていたその岩のリップトラバース課題をMさんと触る。

私は、もう疲れていて全然できないがどうやら核心という岩の角を曲がるところまで行くことができた。これは、Mさんが角を曲がれずに何度もムーブを繰り返していたので核心とのこと。Kさんは最初のトライであっさりそこまで行ってやはり角を曲がれずにムーブを探る。
最後は明かりをつけながらのトライを数回重ねて終了。

この日はY君のが調子よく、石器人スラブとエモーションを登る。Sさんはワシントン倶楽部とエモーションのあと一歩でマントル返しのあとで落下。
Mさんはワシントン倶楽部の惜しい登り損ねと、ハートビートカンテ隣の3級を右から取りついて登る。
Kさんは、石器人スラブをおしいところまで。
私は恵津子の。。。 だけでした。

久しぶりの笠間は面白かったです。こんどは、うるまのトラバースを最初にやるようにしよう。




|

« 平戸往還 | トップページ | 3月は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数年ぶりに笠間ボルダー:

« 平戸往還 | トップページ | 3月は… »