« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ゴールデンウィーク前半

今年のゴールデンウィークは、前後半に分かれて途中の休みがとりにくい。
まあ、長く休んでもあまりやることもないが。
前半は、3連休で年に何回かある3連休と変わらない。土曜は句会の後、味の素スタジアムへ。開幕以来の2連勝でようやくFC東京は4勝4敗の五分の星になった。
日曜は、再び句会と午後は町会の総会で2年続いた組長もこれでお役御免。昼からお酒を飲んで、家に帰ってから昼寝が高じて夜中まで寝てしまう。

さて、月曜は家人と上の子と一緒に観光。
今回は、秩父の羊が丘公園の芝桜、和同開珎の碑を見て最後は長瀞で藤を鑑賞。

それでは写真。

P4270900_640x480

おー東 慶吾
初ゴール







P4290916_640x480

武甲山と芝桜
それにしても武甲山は。。。







芝桜のいくつか

P4290905_640x480







P4290907_480x640




P4290908_640x480











P4290922_640x481

山吹も盛りでした





P4290924_640x480



和同開珎の碑





P4290934_640x480

長瀞の藤

 

P4290937_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

再び瑞牆ボルダー

先日の日曜は、再び瑞牆へ。
今回は、自分の車で途中Y君とMさんを乗せてて行く。ゆっくり目に出て、林道のゲート前に駐車してとりあえずは、阿修羅に向かう。

P4140875_640x480

阿修羅に着くと、同じジム仲間のIさん一家がいる。どうもやはり世界は狭いです。

阿修羅、阿修羅の上のスラブ十六夜、そのそばの小さな岩と午前中はいわゆる山形県エリアで遊ぶ。


P4140877_480x640






P4140878_640x480


 

しかし、小さな岩の5級程度の課題以外はどれもこれといった成果なく午前中は終わる。この小さな岩は結構面白かった。左抜け、右抜け、ランジと3本のラインができました。

午後は、Mさんが是非と言っていた瑞牆門に行く。これは、ずっと下の林道が橋を渡るところにある課題で、考えてみたら10年ほど前に初めて瑞牆に来た時に連れてきてもらった覚えがある。

Mさんは、前回来てもう少しで瑞牆門(初段)を登れそうだっということで、この日も数回のトライで見事完登。

私はと言えば、瑞牆門はちょっと触っただけで、あきらめてその隣の4級位のスラブへ、ところがこれに嵌ってしまい、何と10回くらいやってようやく完登。

P4140886_640x480

その後は、皆で垂壁2級、クラック・カンテの1級をやり、さらにやはり4・5級位のラインをやっていい加減疲れたので帰ろうかという時に、Y君が最後にもう一度と言って瑞牆門にチャレンジすると、これがきちっとマントルを返して完登。

めでたしでした。

続きを読む "再び瑞牆ボルダー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

高尾森林科学園 桜保存林

爆弾低気圧による雨も上がって良く晴れたが風の強い日曜に、家人と高尾にある森林科学園の桜を見に行った。
今年は桜の開花が早く、染井吉野はもう散ってしまったが、ここは全国から桜を集めて保存してあり、八重桜を中心にまだまだ花見が堪能できる。

そんな中から花の写真をいくつか。

P4070860_640x480

P4070863_640x480














嶺嶺の










P4070865_640x481













P4070866_640x480




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

先週のこと 今年最初の瑞牆

3月最後の土曜に、Mさんと瑞牆に行った。
Mさんは今は別のジムに通っているが以前は一緒のジムに通っていた、知る人ぞ知るボルダリング界有名人の一人。マットができる前からボルダリングを行っている人の一人です。

瑞牆は10年ぶりくらいだというMさん、その時は私一緒に瑞牆に行った時で、私も初瑞牆の時でした。

さて、瑞牆はまだ林道のゲートが閉まっていて、ゲート前が駐車場状態、といっても車は10台くらいでした。

P3300812_640x479


舗装された林道を歩くこと15分位で、山道を上がりまずは阿修羅に向かいます。












阿修羅には、すでに人がいてどうやらそのうちの一人はMさんと同じジムに行っているとのこと。まあ、世間は狭いものです。

P3300814_640x480


まずは、Mさんと阿修羅の隣の岩でウォームアップ。簡単な課題で下地も良いのでMさんにならってマットは使用せず。しかし、これは案外緊張します。










ウォームアップを終えて阿修羅に戻るとそこには、H君がいる。全く世間は狭い。

P3300826_640x480

さて、私の阿修羅は相変わらずでしたが、Mさんはさすがに3回目でほとんど上まで行ったが暫くジム専門だったというわけか、マントルをためらって降りてしまう。

阿修羅の後は、美しい日に向かうがここには数名の団体がいてそこに加わるのも、なんなのでエレスアクベに行く。

P3300834_640x480

これは、互いに数回ずつやって終了。

次に、高野聖に行く。

P3300835_640x480

高野聖は、スタートホールドが欠けてとても難しくなった。とても右手出しができない。
左手出しでポケットを取っても、とてもポケットでマッチは出来ません。その隣のスラッシュフェースの直上(ストレートフェース)をやるが寒くなってきて早目に退散。
その後は、瑞牆レイバックをMさんがオンサイトして私はフラッシュ狙いが最後のマントル部で怖くなって降りる。5級でこのざまです。

その左を廻った2-3級のスラブをMさんが登って、私はだめ。

次に、倶利伽羅に向かう。これも互いに数回ずつトライしてこの日は終了。
Mさんには阿修羅が惜しい一日でした。
Mさん曰く、昔は初段は2・3回で登れたけど、歳かなあ?!
で、私がボルダリングを始めたのは今のMさんより歳を取ってからだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »