« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

今年初めての小川山

6月最後の土曜日、梅雨の晴れ間を待って小川山に行った。
その週は、知り合い何人かにメールで誘いをかけたが、都合が悪い人たちが多くて一緒に行ったのはN君。N君と行くのは五月連休の恵那以来である。
その週は、天気予報を毎日見て金曜の予報で土曜は曇り晴れ夕方雨となったので、小川山行きを決行。

6時半にNくんに迎えに来てもらい、廻り目平着が9時頃。天候は曇りだが、そのうち晴れるだろうということで、とりあえずは林の中のボルダーへ。梅雨の最中ということもあってか、人は少ない。私は、右腕上腕のけがが治っていないので、腕にあまり負担のかからないスラブをやろうと、レフトスパイヤーから触りだす。

P6291234_640x480

しかし、これは難しい。左手アンダーからスタートして右手で悪いポケットを取って、左足を上げて左手をこれも悪いポケットをサイドに引こうとすすがそこで落下を繰り返す。N君も同じ課題を触るが、やはりだめです。

そこで、少しグレードダウンしてライトスパイヤーへ。ところがこちらも、途中までで足に乗り込めず敗退。



スラブは飽きたので、つぎに石の魂に向かう。
こちらには、4名の先客。そのうちの1名は御岳や小川山でよく会う人だ。その人は、石の魂の隣のとても難しそうな課題をやっている。残りの3名は石の魂。ひとりは女子で、この人にもどこかで会ている気がする。

さて、石の魂だが、一緒にやらせてもらった先客の一人に、左手一手目の持ち方のアドバイスを受けて(左手をガストン気味に肘を張って固める)やってみると、右手のピストル持ちホールドをとるときに余裕ができて、さらに左足をはるところまで進めることができた。しかし、その態勢は体は岩にぴったりくっついて、つぎの一手の左手を出すのができません。まあ、左足を突っ張って、腰をひねればよいのはわかるが…
ところが、N君も乗ってきてさあもう少しという時に雨が降ってきて、結局2時ころにやむを会えず終了。

P6291240_480x640


その後は、雨は降っていないという噂の瑞牆に回ってみるが、到着するころにはこちらも雨が降り出し結局、昇仙峡経由で帰路に着きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

ひと月遅れのムンバイ紀行 その1

5月の半ばに、仕事の関係でインドのムンバイに行った。
ムンバイは、比較的最近につけられた名前でわたしが学校で地理を教わった時にはボンベイといった。

P5151019_640x480

 

P5151020_640x480

仕事が帰りの便の関係もあってたまたま木金月火曜となったため、週末を現地で過ごすこととなった。

そこで、一緒に行った同僚と一日観光ををして、一日はホテルでのんびりと過ごすことができた。

ムンバイは10年ほど前にやはり仕事でインドに行ったときに、国際線から国内線に乗り換えたことがあり、それ以来の訪問と言っても前回は、トランジットで往きにホテル一泊、帰りに国内線の空港から国際線の空港へ移動したくらいで、市内に行くのはこれが初めて、まして観光するのは今回が最初だ。

10年前には、日本からの直行便はAir Indiaしかなかったが、現在はANAが定期便を運航している。これがボーイング737の遠距離用で、座席数44エコノミークラスの席も横4列、フットレストもついて、ちょっとしたビジネスクラス並みの快適さでした。

さて、土曜は同僚が調べてきた世界遺産のエレファンタ島へ行って、さらにムンバイの旧英国統治時代の建造物の多い地区を見物することとした。

泊まっていたホテルは、ムンバイ空港に近い市内の北の方で、ボンベイ旧市街は南の方。車をチャーターしていざ出発。一路ムンバイ市内を南下して、船着き場のそばに到着。駐車場からタージマハールホテルの前を通ってインド門脇から渡船に乗り込む。

P5181035_640x480

タージマハールホテルは、創業110年を誇る有名なホテル。数年前にテロリストに占拠され、火災を起こしたが復旧している。

P5181036_640x480

P5181037_640x480

船は、あまり大きくなく、船足も速くない。インド門からエレファンタ島まで2時間もかかる。

 





エレファンタ島の船着き場では、現地の若者がガイドはいらないかと声をかけてくる。少し値切って、頼むことにする。これは、すぐにとても良い選択だったと判る。というのも、ガイドブックも何も持っていない私たちは、きっとただ島内の人の流れに乗ってふんふんと言っていただけだろうから。

P5181045_640x480

ガイドは、エレファンタ島の住人で、途中の参道に店を出している家の者だ。島の由来から洞窟を彫り上げてヒンドゥー寺院とした王の話し、寺院に掘られた様々なシバ神像の意味やリンガの拝みかた(というか廻り方)など、また、ポルトガル人寺院の主な像を壊したが、最奥にある大きなシバ神の顔の像は、隠されていたため破壊を免れたということの教えてくれた。
寺院を出ると島の自然や木の名前を色々と説明してくれる。
なんだかんだで2時間ほどもガイドをしてくれて、とても良いガイドだった。

P5181048_479x640

さて、続きはまたそのうち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

先週も今週も

先週は、土曜に瑞牆へ行った翌日曜に、今週は、日曜は雨の予報で土曜にサイクリング。
さて、結果はどちらも
走行 46.5㎞ 平均20.9km/hという全く同じ結果でした。

もちろん、コースは違います。

先週のコースは、

自宅-みなみ野-16号-尾根緑道-尾根幹-乞田川-多摩サイ-浅川土手-湯殿川-自宅

P6091221_640x480










今週は、
自宅-相原十字路-小倉橋-西中野-関-宮が瀬湖畔園地(折り返し)-鳥居原園地-412号線-串川橋-小倉橋-大戸交差点-法政大学-自宅

P6151232_640x480











ちなみに、鳥居原園地から412号線への下りは途中のトンネル内の路面が濡れていて怖かったです。

P6151233_640x534

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

一人で瑞牆ボルダー

さて、先週末は金曜に山梨で仕事があったのでそのまま車で芝生広場駐車場で車中泊。土曜日一日瑞牆で遊んだ。
天気予報はそんなに悪くはなかったはずなのに、金曜の午後は強風・大雨があった。これでは、
岩場のコンディションは良くないだろうなあと思いつつも、夜道を増富方面へ向かう。途中道には水たまりが多い。
芝生広場には、車は数台しかない。買ってきたワンカップを飲んで車中泊の準備をしていると雨音がする。

さて、翌日は雨は降っていないがあまり天気は良くない。岩場のコンディションを気にしつつ朝食を食べて岩場へ向かう。いつの間にか駐車場には10数台の車が停まっており、しかし、ボルダラーよりハイカーが多いようだ。

とりあえず、美しき日の岩に向かう。ボルダラーが少ないならあまり混んでいないだろうとの目論見だ。しかし、岩に着くとすでに4名のボルダラーがいて日々の暮らしとその横の岩をやっている。
しばらく見てから、誰もいない美しきわはさんだ横の普通の日をやってみる。ところがなかなかうまくできません。
そこへ、後から来た人たちも加わりセッションが始まる。

Ts3h0549


結局、核心の左手ガストンが決まらずそこで敗退。写真は一緒にセッションした人。


つぎに、カラクリへ向かう。ここにも結構人がいる。私は、昨夜の眠りが浅かったので昼寝をして少し空くのを待つ。かといって調子は良くなく、早々に移動。次に行ったのは、阿修羅岩だが、ここも団体がいてちょっと遠慮してその上にあるスラブの課題をやる。

Ts3h0553


これは、前回来たとき仲間と一緒にセッションしたはずだが、その時は出来た離陸ができずに結局終了。


Ts3h0554

そうこうするうちに、阿修羅に人がいなくなったので最後に阿修羅。これは、やはり右手を引き付けると痛くて、どうもだめでした。

しかし、夜中まで雨が降ったりしたわりには岩のコンディションは良く、のんびり楽しんだ一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

今年初めて自転車で御岳へ

6月に入って最初の土曜は、誰かを誘って出かけようと思っていたが、ことごとく振られてしまって結局今年初めて自転車で御岳へ行くことにした。

5月はあまり体を動かしてなく体重も増え気味だったのでちょうど良いと考えた。

往きは、いつものように小さな峠越え、帰りは多摩川を下ってきた。

自宅‐陵南公園‐戸板峠‐五日市‐梅ノ木峠‐忍者岩‐吉野海道‐羽村取水口‐多摩川土手‐16号‐ヒヨドリ山トンネル‐浅川土手‐北野‐湯殿川‐自宅

走行 72.7㎞ 平均19.9km/h でした。

忍者返し岩は、季節のせいかいつになく人が少なく、それでもジムで一緒になる人が2人もいてびっくりしました。
しかし、私の成果は何もなし。

P6011214_640x480




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »