« ひと月遅れのムンバイ紀行 その1 | トップページ | 日曜サイクリング »

2013年6月30日 (日)

今年初めての小川山

6月最後の土曜日、梅雨の晴れ間を待って小川山に行った。
その週は、知り合い何人かにメールで誘いをかけたが、都合が悪い人たちが多くて一緒に行ったのはN君。N君と行くのは五月連休の恵那以来である。
その週は、天気予報を毎日見て金曜の予報で土曜は曇り晴れ夕方雨となったので、小川山行きを決行。

6時半にNくんに迎えに来てもらい、廻り目平着が9時頃。天候は曇りだが、そのうち晴れるだろうということで、とりあえずは林の中のボルダーへ。梅雨の最中ということもあってか、人は少ない。私は、右腕上腕のけがが治っていないので、腕にあまり負担のかからないスラブをやろうと、レフトスパイヤーから触りだす。

P6291234_640x480

しかし、これは難しい。左手アンダーからスタートして右手で悪いポケットを取って、左足を上げて左手をこれも悪いポケットをサイドに引こうとすすがそこで落下を繰り返す。N君も同じ課題を触るが、やはりだめです。

そこで、少しグレードダウンしてライトスパイヤーへ。ところがこちらも、途中までで足に乗り込めず敗退。



スラブは飽きたので、つぎに石の魂に向かう。
こちらには、4名の先客。そのうちの1名は御岳や小川山でよく会う人だ。その人は、石の魂の隣のとても難しそうな課題をやっている。残りの3名は石の魂。ひとりは女子で、この人にもどこかで会ている気がする。

さて、石の魂だが、一緒にやらせてもらった先客の一人に、左手一手目の持ち方のアドバイスを受けて(左手をガストン気味に肘を張って固める)やってみると、右手のピストル持ちホールドをとるときに余裕ができて、さらに左足をはるところまで進めることができた。しかし、その態勢は体は岩にぴったりくっついて、つぎの一手の左手を出すのができません。まあ、左足を突っ張って、腰をひねればよいのはわかるが…
ところが、N君も乗ってきてさあもう少しという時に雨が降ってきて、結局2時ころにやむを会えず終了。

P6291240_480x640


その後は、雨は降っていないという噂の瑞牆に回ってみるが、到着するころにはこちらも雨が降り出し結局、昇仙峡経由で帰路に着きました。



|

« ひと月遅れのムンバイ紀行 その1 | トップページ | 日曜サイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初めての小川山:

« ひと月遅れのムンバイ紀行 その1 | トップページ | 日曜サイクリング »