« 8月前半 | トップページ | 八月のサイクリング »

2013年8月28日 (水)

夏休み 瑞牆‐小川山

お盆休みはもうずいぶん前のように感じるが、ともかくお盆休みには一人で瑞牆‐小川山に行った。

一人でもあるし、お金もないので往復とも高速は使用せず。
初日の往きは、20号‐山梨県道6号‐茅が岳広域農道‐増冨‐瑞牆で、約3時間半。朝の9時過ぎに駐車場着。
この日は瑞牆で泊まって、翌日は信州峠経由で廻り目だらへ、帰りは往きの逆コースで、廻り目平から家まで、約5時間。

瑞牆では、駐車場でジム仲間の3人と偶然出会う。一人は、山梨が地元とのことで、朝早く来て、もう帰るとのこと。あとの二人は、北アルプス裏銀座に行ってきた帰りとのこと。

さて、瑞牆では、まず美しき日の岩にある普通の日の課題をやってみる。その前に、4級のスラブ課題でウォームアップ。
ウォームアップも一撃できずに、3回目で登る。

P8151295_640x480




普通の日は、どうも相変わらず右手のガストンが止まらず敗退。
千里眼に行くと言っていたジム仲間の所に行く。
二人の所に行くとこれから、倶利伽羅に行くというので私もそちらに行く。
カラクリをやる2人とは別に私は倶利伽羅を触るが、右手の怪我が思わしくなく、とてもできません。
で、カラクリ倶利伽羅とウロウロしているうちに、雷鳴がとどろく。しばらくすると、雨がぱらつきだす。まだ14時前だ。
しかし、少し粘るが雨がちょっと本降りになりそうなので駐車場まで下りて様子見とする。

駐車場では、雨は降っていないが少し様子を見てみようとしているうちにいきなり激しい雨が降り出す。車に入り本を読んで待機。
結局、雨は16時過ぎに上がるが、岩はすでにびしょびしょ。仕方なく、遊歩道をぶらぶらしてこの日は終了。売店でトマトを買って夕食の足しにしてビールを飲んで、20時ころには寝てしまう。

P8151297_640x480

 

散歩の途中で見かけたボルダー

翌日は、6時ころまで寝て朝食後、信州峠を超えて廻り目平へ。
廻り目平はキャンプの人は多いがクライマーはあまりいないようだ。支度をしてから石の魂へ向かう。

 

P8161300_640x480

なんと石の魂には誰もいない。何回かトライするが、前回と同じ2手目の右手を保持して、3手目の左手が伸びずに落ちる。

P8161308_480x640

次に、雨月に向かう途中で少し上に上がったところにある石の課題を触る。たぶん4-5級のカンテを登ってから雨月へ。

P8161309_640x480

その後は、スパイーヤー左の3級スラブをやるが、これも前回と同じで進展なし。
そこへお約束の雷鳴。
まだ時間も速かったが、雨に降られるのも嫌なので、そこで終了。
15時半ころには帰路に着く。

 

 

P8161315_640x480

帰りは、明野でヒマワリを見てのんびりと渋滞に巻き込まれながら帰宅。
まあ、そんな夏休みでした。

 



|

« 8月前半 | トップページ | 八月のサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み 瑞牆‐小川山:

« 8月前半 | トップページ | 八月のサイクリング »