« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

漕ぎ納めと登り納め

年の暮れ、漕ぎ納めは29日。
今年最後の漕ぎはやはり大垂水峠でしょうということで、29日の漕ぎ納めコースは、
自宅-高尾-大垂水峠-千木良-413号-津久井湖-大戸-自宅
走行38km 平均20.0km/h

20131229

津久井湖から城山に上がる道にちょっとより道








さて、大晦日の今日は恒例の御岳ボルダー。
12時過ぎに忍者岩に着くと、相変わらずの人出だった。ざっと30名ほどの人がいる。しかし、顔なじみは見当たらない。まあ、覚悟の上なのでストレッチをして岩に触る。ところが、2-3ヶ月ぶりで忍者返しに触るもどうも調子はよくない。

2・3回触ってこれはあきらめ。次に、クライマー返しに移る。こちらは、相変わらずだが、少しは進歩があり、将棋の駒型のピンチホールドにてはかかりもう少しで保持できるような感じがした。

次に、やはり忍者クライマー返しがやりたいので、子供返しのスタートからはじめる変形忍者返しから、クライマー返しに行くラインをやりだす。
こちらは、2回目で変形忍者が止まり、あわてて上に行ってしまいクライマー返しに戻ろうとするが失敗。

20131231

その後は、クライマー返しと変形忍者クライマー返しをやっているうちに、大勢いた人が少しずつ少なくなり、引き換えに顔なじみの人たちが増えてきて、ちょっと前の忍者岩の雰囲気になったが、今度は自分の力が尽きて、日がかげると同時に本日は終了。

良いお年を!

新年も御岳から始まるか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

冬ざれに

12月の3連休は、土曜日は家の窓拭き(大掃除)、土曜は句会、そして日曜はサイクリング。

Pc230006_640x480

冬枯れの多摩川を走りました。

コースは、
自宅-湯殿川-淺川土手-多摩サイを上流へ-写真の地点まで-16号-ひよどり山トンネほろごれり-淺川土手-自宅

走行 49.0km 平均20.2km

冬ざれの多摩川の空広ごれり

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

このシーズン最初のR峡

今日は、また恵那に行きたいと思っていたが同志が見つからず一人ではとても交通費がまかなえないので近くの岩場に行くことにした。
一人で行くときはどうしても出発が遅くなってしまい、今日もなんだかんだで家を出たのは10時になろうとする時になってしまう。

一人だし、時間も遅いしでしばらくぶりでR峡に行くことにした。

知っている限り家から一番近い花崗岩のエリアだ。

R峡近くの駐車場に着いたのが、昼になる少し前、遊歩道を下っていつも行く岩の所に着いたのがちょうど昼頃だった。
しばらくぶりのR峡は、予想通り誰もいない。持参したデッキブラシで近くに岩を少し掃除する。

ストレッチ後、ウォームアップにメインの岩の東面の7-8級のスラブを登る。

Pc141882_640x480

次に、同じ岩の南西の位置にあるマントル課題をやってみる。ところが、岩のリップをとるだけでマントルの態勢に入れない。
暫くやってこれは終了。



Pc141915_640x480

次に、少し川に近い岩の3級位の課題をやる。これも一手目でその先に進めず終了。






Pc141917_640x480

次に、メインの岩の少ししての岩に4級位の課題を設定して登る。
このころには日が陰ってだんだん寒くなる。
いくつか他の課題を触って、その後下流に移動する。

下流には、遊歩道が抜けている岩のトンネルがあるが、そのすぐそばにあるスラブの岩をデッキブラシで掃除してラインを引く。

Pc141920_640x480

左端が、6-7級のライン。右端が登れたら1級位のライン。
結局、本日は右のラインの離陸までで終了。薄暗くなった中を駐車場に戻って帰路に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

お寺に暮れの挨拶をして展覧会を見にゆく

日曜は、家人と菩提寺に暮れの挨拶に行ったついでにカイユボット展を見に行った。

お寺の暮れの挨拶は、母から引き継いだ年中行事の一つ。ご挨拶をして少額のお布施を渡しまた一年のお墓守をお願いするような感じですか。

Pc081867_480x640

お寺の泰山木。



Img_0001_452x640

さて、カイユボット展はちょうど日曜の朝のテレビで紹介されていてちょおt興味があって行きました。

カイユボットの印象派的な絵も結構面白かったが、弟がとった写真がこれも面白い物でした。

カイユボットは自身画家だが、大変な金持ちの家に生まれ印象派の画家のパトロンでもあり、短い一生だったが職に就くことなく絵をかき、ボートレースに出て、園芸にとお金持ちの暮らしを過ごしたうらやましい人でもありました。
なにしろ、犬の散歩に行くのにシルクハットを被っていくのです。

さて、絵としては家のバルコニーから下を見て描いた絵や、ボートをこぐ人の絵など写真の構成を基にしたような構図があってそれまでの絵とは異なる気がしました。
さらに、ユーゴ―さんをモデルにした全身の絵の下書きが、鏡像になっていて左右逆転が洋服の袷まで逆転しているのを見てこれは何か機械を使用して下絵を描きそれをもとに油彩をかいたのではないかと、面白く見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

FC東京ホーム最終戦

昨日はJ1の最終戦。優勝の行方は、横浜か広島の逆転かと盛り上がっていましたが、東京ファンとしては、なんとかホーム最終戦で勝ってルーカスやネマの勇士とポポビッチ監督の挨拶を気持ちよく聞きたいということでした。

試合は、ルーカスと平山の得点で勝利。

ポポビッチ、ルーカス、ネマの挨拶に笑いと感動をしました。

Pc071855_640x480

ルーカスは本当に良い選手。
ぜひ天皇杯決勝まで見たい。

Pc071857_640x480

続きを読む "FC東京ホーム最終戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府温泉

先週半ばに午前中から大分で仕事があり、当日移動は朝5時過ぎに出なくてはならないので、前日移動とした。
前日は大分に止まろうかと思ったが、そうだ別府が近いのだと気が付きインターネットで出張宿泊費に見合う温泉付きのホテルを探して一泊。
夜遅くついて、コンビニ弁当を食べてから一風呂。
翌朝は、少し時間に余裕ができたので朝風呂をあびてから、ちょっと別府を散策。

海へ行けばよいものを、山の方へ行ってみた。実相時というあたりまで行って。Uターン。

Pc051851_640x480

別府湾はこんな感じでした。












で、

 

小流れに湯煙立つや冬の薔薇

 湯の町に蜜柑たわわに実りをり

 朝風呂をあびて冬日の影長し

月並みだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

7か月ぶりに恵那 笠置山ボルダー

12月最初の日曜は、仲間2人と恵那の笠置山ボルダーに行った。去年の秋に最初に連れて行ってもらい、すっかりはまってとはいっても何しろ遠地なのでそう頻繁には行けず五月の連休以来7か月ぶりです。

今回は、初めて自分の車で行くことにした。と言っても小型車なので3人でマット3枚が後部席はマットと同乗の仕様になる。

さて、渋滞もなく3時間弱で10時ころに電波塔エリア駐車場に到着。今回は、一人が恵那は初めてなのでどこへ行っても良かったが、イルカとノムールをやりたい私ともう一人の意向で電波塔エリアに決定。

さて、とりあえずはイルカに向かう。
これは、昨年恵那に連れてきてくれた仲間がノムールとともに教えてくれた課題で、昨年は全然できなかったが、5月の連休でようやくスタートできるようになり、今回は1手2手伸ばそうとひそかに狙っている課題だ。
ところがもう一人と初恵那の仲間が、上手く手数を伸ばす中、私はまたまたスタートができない状態におちいり、他の人たちのうちの一人が完登するなかスタートできずで一人落ち込んでしまう。
結局、足が痙攣してくるしで不貞腐れてで狸根入りをしたり散歩に出たりで仲間のやる気をそいでしまったようで、申し訳ないと思いながら次に移動。

本当は、一人がまえから打ち込んでいるノムールに行くところだがなんとイルカに来た人からノムールの中の大きな岩の塊がぐらぐらになって課題ができなくなっていると聞く。

Pc011841_640x480

実際に見に行くと、写真の通り中間部の大きなホールドが浮き出してとてもできる状態ではない。ノムールに打ち込んでいた仲間の落ち込が気の毒なくらいで、しかしこのホールドを取り除いて課題の内容を変えてしまうか、シカで固めてしまうかは開拓者や笠置クライミングクラブの判断に任せるしかないので、当面はノムールは触れずということになるのかなあ。もっとも私に関してはこのホ-ルドまで行けないのでこの日も触れないことはなかったけれど、仲間の落ち込みの前であまり冗談も言えなかった。

さて次はエキドナへ移動。これは初恵那の仲間がちょっと得意系で触ってみたいというのでした。
これは、私は苦手。もっとも得意なものは易しいのとも言えないスイートにコルをちょっと一人で触った後なので、4級も初段も所詮登れないのは同じだあという気持ちもないではない。
やはりエキドナはスタートの1手で終了。

Pc011844_640x480

初恵那の一人はエキドナに打ち込む。もう一人はレッドブルのスタートをやっている。

仕方がないのでいじけ序でに、なんとか一つは登れそうなのをやろうとぐるっと見てアノン4級をやろうと動き出す序でにレッドブルのスタートをやらせてもらう。これは何とか3手ほど進めて、最初の核心の少し前まで体が動かせる。とにかく初めて触る課題なので少し気分が持ち直す。



Pc011845_640x480

で、アノンも苦労するが何とか登って、少なくとも1課題は終了。

次にエルルのトラバース課題をもう一人とやろうとしていると、レッドブル岩のからエキドナの仲間が「登っちゃいました」と声をかけてくる。
なんと、初恵那でエキドナ完登。好調だ。
おめでとうと言いに行く。

その後は、エルルで少し遊んで、最後にアトムを見に行ってこんなのスタートできないとやってみたら案の定スタートできずに、日没。

Pc011846_481x640


うーん、また雪が降る前に恵那に来なくちゃ。

で、本日の句

登攀者の声こだまする小春かな

梟のゐさうな森の大き岩






後日談

家に帰って、5月連休時のイルカの写真を見るとどうやらスタート時にヒールフックをする左足をトゥフックに切り替えている。
ということは、今回やろうとしていた右足トゥフックではなく、右足をスタートに戻して左足をヒールからトゥに変えるムーブでスタートしていたらしい。
その方法でやっているほかのひとがいたので今回もちょっとやってみたがうまくいかなくてちょっとしかやらなかったが、私にはこの方法の方がうまくいくのだ。
ぜひとも、雪の降る前に恵那に行かなくちゃ。

五月の時の写真。

P5050966_640x480

この状態から




P5050970_640x481








右足をスタートに戻して左足をトゥフックして右手を飛ばしたはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »