2013霜月・師走の句

12月は霜月。
しかし、1月は本当は師走なのだが太陽暦では正月で、どうしても旧暦とのズレがあって苦労します。

そこで、例外的に12月に霜月と師走を混ぜてしまうか、いろいろ工夫(?)を、まあだれも気にしないがしています。

とりあえず、

句会に出した冬の句 を 三句ほど

 冬の鯉腹太らせて池の底

 かいつぶり波紋残して消えにけり (先生添削済)

 冬日差す煉瓦館てふ玻璃の塵 (句会後推敲)

世の中、秘密保護法などきな臭くなっていますがとにかく今年も暮れてゆきます。

Pb191821_640x478

Pc011848_640x480

 
 
 

 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。