« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

裏高尾吟行

先週土曜は、句会の吟行。
場所は裏高尾。

私は家から自転車で行って一向に合流。
まずは、日陰沢にある林野庁のキャンプ場まで行く。1週間前の雪はまだまだ数10㎝も積もっていて、ハイキングの人達もピッケルこそ持っていないがまるで雪山に行くような出で立ち、と見るうちになんとスキーを持った人たちまでいた。

P2221991_640x480

日陰沢キャンプ場まで行く途中には、猪の子がかわいそうに雪に足を取られて落ちたか、小さな流れの中に骸となって横たわっていた。












 

P2221993_640x481

さて、旧街道に戻るとさすがに早春とはいえ春の日差し。
街道筋の家の石垣には三椏が植えられ花を咲かせていた。枝先が三つに別れて花が咲くので三椏と同行の人に教わる。








P2221997_495x372

しばらく行くと、八王子城址に続く小高い丘の雑木林に、鳶が止まって常の声で鳴いている。
鳶はいつも飛んでいるところばかり見ているので、木に止まって鳴いているのは、なんだか珍しい。

 

P2221998_640x480

摺差しの豆腐屋のそばに、今は使われない講宿があり、軒にかかっている木板に上講とあり色々な講の名が書かれている。これも同行の地元裏高尾出身の方に、この木板は「招き」だと説明を受ける。つまり、今でいえば旅館やホテルなどに団体で泊まるときに、何々様ご一行と書かれた看板を掲げるのと同じこととのこと。







さて、この辺りで時間となり句会場へ。

この日の句

 豆腐屋の水の甘さや梅見ごろ

 

講宿の招きの薄れ春浅し

 高らかな鳶の声あり芽吹山

 以上が先生やほかの方からとっていただいた句

さて、句会の後はジムに行って、ひと汗流し一日が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

大雪あけて

春節が終わり、春となって大雪が降った。

P2091973_640x480

積雪は朝になって(雪が沈んでから)測っても30㎝を超えていました。きっと昨夜は40㎝位まで積雪があったのだろうな。











P2091977_640x480

近所の公園の池には、雪が広がって乳白色になっていました。

朝は、通路だけ雪かき。
午後は、近所の人と一緒に自宅前の道路をほぼ全部雪かき。おかげで明日から車を出せるようになりました。



今日の句

 春の雪眩しさ残し消えにけり

 春の雪踏めば水音あらたなり

 春の雪明けて青空きはだてり

 一夜にて一尺余り春の雪

 雪溶けて枝の先まで黒き影

即吟ばかりです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

2月最初の御岳

昨日は2月1日、2月最初の土曜日。
天気は良く気温も高めとのことなので御岳に行った。
発電所脇の駐車場に車を停め、まずは忍者岩まで行く。忍者岩はあいかわらずの人手だ。最近御岳は、大晦日、3日、さらに19日と行って今回が今シーズン4回目。触るのは、変形忍者からの忍者クライマー返しと、クライマー返し。
成果はほとんどなし。クライマー返しの将棋の駒ピンチホールドがあと少しで止まるかという程度で終了。
時間が経つに連れ人は減ってきたが、日陰になる前に、デッドエンド岩に移動。

22220140201_2













こちらは、案外空いていて忍者岩で出会った一組が入りだけだった。
その後で、2・3人やってきたが皆さんで、勅使河原などをやって暗くなる前に終了。
まあ静かなデッドエンド岩でした。

22220140201_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »