« 高尾山の火渡り祭り | トップページ | 久々のサイクリング »

2014年3月17日 (月)

中春の御岳

先週水曜は、午前中に所用があり休暇を取ったので午後は久しぶりに御岳に行った。
1月に行って以来雪が降ったりでしばらく遠ざかっていた。

P3122042_640x480

3月で学生は春休みなので平日でも人は多いかと思っていたがやはり平日人は少ない。とはいえ、忍者岩には5・6名がいた。
3月の午後の日差しは暖かで、のんびりする。とりあえず忍者クライマー返しをやってみる。1月まで全くとめることができなかった、スローパーからの飛ばしもちゃんと決まってようやく以前に戻ったと思うのも束の間、クライマー返しに下りるところで保持できず落ちる。

その後のクライマー返しも、離陸のみで数回やって終了。

P3122044_640x480

忍者岩の後は、デッドエンド岩に移動する。
そこには、以前御岳でよく会ったことのある人に出会う。平日に出会うのは珍しい。その人は12月から5月くらいまでしかクライミングをしないとのこと。

P3162051_640x480



さて、先日の日曜も御岳に行った。
この日も暖かく穏やかな一日だ。
先日同様、発電所わきの駐車場に車を停めて忍者岩に向かう。
忍者岩は日曜なので人は多いが、それでも休みにしてはまあまあという程度の人出だ。良く見るとジムで一緒になる人がいる。

話をすると、今年初めての御岳で蛙をやりに来たとのこと。
私は、忍者クライマー返しをやって、またまたクライマー返しに下りるところで落ちる。
その後は、クライマー返しに専念。こちらは離陸して、左手で将棋の駒の形のピンチホールドを取るところで、それが保持できずに落ちるの繰り返し。それでも、何回かやるうちに、保持は出来ずともなんとなくつまむ感じはつかめてきた。これは少し前進。
その他やったのは子供返しのスタートから右手をクロスに飛ばしてガバカチを保持する変形忍者からクライマー返しに行くラインをやるが、これもクライマー返しに行けず。
そのトライの中で、クライマー返しに行く途中で右手が滑って横向きに落ちてしまう。幸いマットが重ねて敷いてある日曜の忍者岩前なので大したダメージもなしに済む。とはいっても、右の肋骨が痛く、しかしクライミングは出来るので肋骨にひびなどはないだろうとした。

結局、3時間ほど遊んで家路につく。

|

« 高尾山の火渡り祭り | トップページ | 久々のサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中春の御岳:

« 高尾山の火渡り祭り | トップページ | 久々のサイクリング »