« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

ちょっと御岳

昨日は、いつもの句会だと思っていたら今月は1週ずれていてぽっかり時間が空いてしまったので午後 御岳に行った。

忍者岩に行くと人は数名しかいなかった。

Ts3h0571

こんな感じでした。

以前はいつもこんなだったなあ。

しかし、こういう日でもやはり調子は今一つだ。

天気は良かったけれど、もう日中は暑いという感じになってきたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

今年初めての小川山

この前の日曜に今年初めて小川山に行った。
知り合いにメールをして、行ける人を募集したところジム仲間のひとりがもう一人を連れてくるとのことだったが、何とつい最近結婚したとのことで、新婚夫婦と私の3人連れとなった。まあ、といってもどちらもジム仲間だからどうということもない。

廻り目平駐車場に、9時半ころに到着。
カラッとした良い天気だが、駐車場の車は少なめだ。

とりあえず、エイハブを触りたいという希望に合わせて、林の中のボルダーへ。

アップにスパイヤーの岩を触るが、スラブの感覚がどうも戻らなく、3級はおろか6級のスラブもままならない。まあ、アップだからね。

次に、エイハブを触る。私は、エイハブのスローパーは止めることができるが、ジーンズを履いていたのでひざの動きがままならず、まああまり頑張る気も沿ないので適当に降りる。

P5182275_640x480

人も少ないし、せっかくだから穴社長を何回かやるが、こちらは相変わらず進歩なし。
一緒に行った2人もエイハブを触るが、まあこちらはもう少しの感じだ。

P5182276_640x480


次に、穴社員を触る。これは、いままでどうしても完登していない、私の鬼門課題。
ところが、この日は今までと違って、いつも見失って苦労するフットホールドを事前に良く見てマーキングしたせいか、自分でもびっくりする位簡単に登ることができた。なーんだ、やはり簡単な課題だっ
たんだということにしました。

P5182305_480x640

つぎに、私の希望で石の魂に移動。

ここは、数名がいて、石の魂や黄泉をやっている。私は石の魂に混ぜてもらう。
新婚二人は、右の方の6級をやっている。

石の魂は、相変わらずだけどスタートからのムーブは少し安定してきている。
しかし、1級のポケットを取りに行くのに、右手の脇が開いてしまい左手を上に伸ばすと落ちてしまう。

その後は、ラブリートラバースによって駐車場へ。

帰りは渋滞を避けて大月から下道で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

川内・鹿児島紀行

連休後の週に仕事で鹿児島に行った。
仕事の前日に川内まで移動、帰りに飛行機の時間待ちで、それぞれ若干時間があり川内と鹿児島市でそれぞれ1時間ほど散歩することができた。
こういう、ちょっと空いた時間は一人吟行で俳句を作る楽しみがある。

しかし、とりあえずは写真。

P5092249_640x480

川内川河畔にある、与謝野鉄幹・晶子の歌碑

 ほのぼのと川内川の夕映えのばら色にしてめぐりたる船 鉄幹

 月光に比すべき川の流るるや薩摩の国の川内郷に 晶子








P5092253_640x479


川内市内の昔からある魚市場です。




P5092259_640x480










鹿児島市内甲突川から望む桜島

 万緑や桜島へと魚跳ねる




P5092263_640x480




甲突川河畔に咲いていた花
とても良い香りでした。





P5092269_478x640








大久保利通像

 薫風を上着に受けて大久保象

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

五月の御岳

連休後の日曜は御岳。
前日の高尾山吟行で上り下りを他のケーブルカーやリフトで移動する人たちに遅れまいと特に下りを急いで歩いたため、太ももが痛くなった。
午前中に出かけるつもりだったが、なんとなく所用を済ませて出かけたのは午後。
御岳に着いたのは3時ごろ。

P5112271_640x480

とりあえず、忍者岩に行くと人が少なく、良い雰囲気だ。その中で、小学4年生くらいの女の子が忍者返しを登っている。まで背が低いので通常のスタートホールドまで行くのに3・4手。さらにとても持てそうもないホールドをきっちり掴んでスローパーの飛ばしまでは、スムーズに登る。その先がリーチが足りないようでどうしても越えられないが、何回も挑戦している。疲れ知らずだ。

そこへ、ジムで会う人が来て少し話をする。数名の団体がいくつかやってきてまたジム状態の忍者岩に戻る。
私は、いつもの課題をやるが、太ももが重くて殆ど進歩なし。

5時ころには帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

青梅の躑躅とあきる野の藤

ゴールデンウィークも終盤に近づきと言っても4連休の3日目ということだが、子供の日には家族で躑躅と藤を見に行った。
私は、一人吟行。

まずは、青梅市の潮船観音。ここは、多摩地方の躑躅の名所で、観音寺の境内に躑躅1万株ほどが植えられている。
こんな感じです。

P5052205_640x480




P5052209_640x480












境内には巨大な観音像が奉られ、真言宗のお寺とあって、ほら貝を先頭に観音供養の一幕を見ることができました。

P5052213_640x480

























次に行ったのは、あきる野市の拝島公園一帯。

拝島太子のそばにの拝島の藤として、都の天然記念物の藤があります。

P5052228_640x480




P5052224_640x480

一人吟行の結果はそのうちに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

ゴールデンウィークの瑞牆

4連休、2日目は瑞牆へ。
どうせ大渋滞だろうし、単独行なので朝早めに高速を使用しないで出かける。これは、大正解で、渋滞知らず。5時30分に家を出て、瑞牆着が9時。3時間半で到着。駐車場はすで9割方埋まっていた。

今年初めての瑞牆。今年初めての花崗岩だ。

しかし、成果は全くなし。

私的瑞牆サーキットの、普通の日、倶利伽羅、阿修羅とすべて以前の到達点より悪く。登ったのは、9級から6級位だけ。

まあ、こんな実力です。

P5042189_640x544

普通の日

今回は、日々の暮らしも触ってみたが私にはできなくとも普通の方が可能性があるような気がする。あくまで気がするだけですが…





P5042193_640x480







倶利伽羅の少し先の岩(マントルデスク)。

中央は9級位のガバクラックだが、マントル返しが悪そうなので、最後はぶら下がり降り。

トポではマントル返して6級だそうです。

ちなみに右の方のマントルデスクライトとレフトはちょっと触ってみたが難しいです。






P5042196_640x479




阿修羅の下の岩(ツグミ岩)。

左の直上が6級位

クラックの右と左がそれぞれクラックを使って9級位
クラックのレイバックが10級位。

右の直上と、ダイクのトラバース(3級位か)は出来ず。


帰りは、やはり高速を使用せずに、5時半出発で9時帰宅。連休は下道に限ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク4連休 初日は軽くサイクリング

さて、5月になってゴールデンウィーク4連休。
その初日は、軽めのサイクリング。帰宅してからは、テレビでFC東京・浦和戦を見て、夕食。

新緑の中を快適な時間を過ごした。

コースは、

自宅-綾南公園-モリアオガエルの道・大沢林道(往復)-陣馬街道-浅川土手-自宅

走行 39.8㎞ 平均 20.1km/h

モリアオガエルの道は、高尾街道の川原宿の次の道を左折した道。八王子市内とは思えないような田舎道だ。(まあ八王子は田舎だけど)

P5032182_640x480

最後まで進んでいくと行き止まり(進入禁止)になっているが、横をすり抜けてなおも行くと大沢林道の入り口になって、砂利道になるのでこれ以上はロードバイクでは厳しい。
あと少しだが引き返し。

P5032181_640x480
























バス停まで戻って、ロータリーを来た方向からは左へ行くと短い急坂を超えて陣馬街道へ抜けることができる。途中昆虫採集をしている人に出会う。

P5032187_640x480

浅川では、恒例の鯉のぼりを見物して、帰宅。


さて、FC東京は名古屋戦と一緒にコーナーキックからの失点で敗戦。
どちらも、ゲームは支配しチャンスのあったが得点できずに、相手のセットプレーで失点というのはまさにふがいない。
6日は、勝てよ!!!
せめて、相手に得点されるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

八戸城

ゴールデンウィーク後半直前の2日は、仕事で岩手へ、羽田から三沢へ飛んだが、途中八戸で待ち合わせまでに少し時間があったので八戸城址を見物。
城好きとはいえ、八戸城址はその立地がいかにも築城に適しているというだけで、あまり城跡らしくない。

P5022175_640x480

左の建物は、八戸公会堂。

さらに左には市役所があり、典型的な城跡利用法だ。

 強者が夢の跡なり青葉風

P5022177_640x480








城跡内の神社の一角にあった弁慶石。

義経北行伝説の一つ。弁慶の足型という窪みに水が溜まっていた。

 囀りや水溜まりゐる弁慶石


P5022179_640x480







天守跡

 花吹雪八戸城址晴れ渡る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

国立 国立 俺たちの国立

ゴールデンウィークと言っても今年はカレンダー通りの私は、あまり長い休みとは言えない。その
初日、4月29日にFC東京・名古屋戦があった。
結果は、残念だったが後半の攻撃は中々見ごたえがあった。

それよりは、国立競技場最後の試合。

東京ドロンパが聖火台に火を灯し、盛り上がりました。

P4292171_640x466

P4292172_640x480






























P4292173_640x480

















 晩春や聖火を最後に競技場

 負けてのち聖火も消えし競技場


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »