« 川内・鹿児島紀行 | トップページ | ちょっと御岳 »

2014年5月21日 (水)

今年初めての小川山

この前の日曜に今年初めて小川山に行った。
知り合いにメールをして、行ける人を募集したところジム仲間のひとりがもう一人を連れてくるとのことだったが、何とつい最近結婚したとのことで、新婚夫婦と私の3人連れとなった。まあ、といってもどちらもジム仲間だからどうということもない。

廻り目平駐車場に、9時半ころに到着。
カラッとした良い天気だが、駐車場の車は少なめだ。

とりあえず、エイハブを触りたいという希望に合わせて、林の中のボルダーへ。

アップにスパイヤーの岩を触るが、スラブの感覚がどうも戻らなく、3級はおろか6級のスラブもままならない。まあ、アップだからね。

次に、エイハブを触る。私は、エイハブのスローパーは止めることができるが、ジーンズを履いていたのでひざの動きがままならず、まああまり頑張る気も沿ないので適当に降りる。

P5182275_640x480

人も少ないし、せっかくだから穴社長を何回かやるが、こちらは相変わらず進歩なし。
一緒に行った2人もエイハブを触るが、まあこちらはもう少しの感じだ。

P5182276_640x480


次に、穴社員を触る。これは、いままでどうしても完登していない、私の鬼門課題。
ところが、この日は今までと違って、いつも見失って苦労するフットホールドを事前に良く見てマーキングしたせいか、自分でもびっくりする位簡単に登ることができた。なーんだ、やはり簡単な課題だっ
たんだということにしました。

P5182305_480x640

つぎに、私の希望で石の魂に移動。

ここは、数名がいて、石の魂や黄泉をやっている。私は石の魂に混ぜてもらう。
新婚二人は、右の方の6級をやっている。

石の魂は、相変わらずだけどスタートからのムーブは少し安定してきている。
しかし、1級のポケットを取りに行くのに、右手の脇が開いてしまい左手を上に伸ばすと落ちてしまう。

その後は、ラブリートラバースによって駐車場へ。

帰りは渋滞を避けて大月から下道で帰りました。

|

« 川内・鹿児島紀行 | トップページ | ちょっと御岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初めての小川山:

« 川内・鹿児島紀行 | トップページ | ちょっと御岳 »