« リハビリサイクリングとリハビリハイキング | トップページ | 筑波山 »

2014年10月26日 (日)

風と読書

先週金曜から鼻水が出ると思っていたら土曜になってちょっと怠く、吟行の予定を急遽キャンセルして家で静養。しかし、天気が良いので庭で読書をしていた。
今朝になれば治ると思っていたが、のどの痛みが増し、これはきっと扁桃炎だと自分で診断して、本日の句会を休んで家でごろごろ。
庭にも出ずに完全休養。また本を読んで、自転車の録画を見てだらだらと過ごしている。

良く読書が趣味というけれど、私の読書は趣味と言えるのだろうかと考える。
平均して週に2冊の本を読み簡単な感想文をブログにアップして、それで終了が常々の読書。しかし、読書が趣味という人はもっと大量の本を読み、面白い本は読み返して少なからず新たな興味を持つらしい。こういう人を読書人というなら私はその入り口まで来たかというのが、昨日今日読んでいた丸谷才一さんの「星のあひびき」。これは、以前に読んだことがあるが、何の気なしに読みだしたら面白いです。

丸谷さんは、確かに書評をとか追悼文を書かせたら一流の人だったが、一流の書評は読んだことのない本でも読んでみようかなあと思わせる何かがあります。
自分の書く感想文は足元にも及ばないのは自明だが、そんなものを書くのが恥ずかしくなるような名文です。

そこで、この頃読んだ本に関してはこのブログに、星いくつかと2・3行の感想のみ載せます。

|

« リハビリサイクリングとリハビリハイキング | トップページ | 筑波山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風と読書:

« リハビリサイクリングとリハビリハイキング | トップページ | 筑波山 »