2015文月の句

猛暑が続き、東京地方は連続記録となった。
さすがに35℃を超えると暑さも暑しということで、体温より高い気温になるとうだっとする。
今年は、戦後70年という事でテレビでは連日特集番組をやっているが、これまで知られていなかった事実が少しずつ明るみに出てくると同時に、被爆者が高齢化してきたためここで何か残さなければという感慨もあるのだと思う。

戦争を知らない子供たちとうそぶいていた団塊世代も、高齢化の中で改めて戦争のことを考え直そうというのかもしれない。ここで、しかし戦争というのは第2次世界大戦と呼ばれる戦争につながる一連の出来事で、それ以前のことはどうやらあまり顧みられない。
本来人類は好戦的なものなのか、いかに殺傷をなくすのかなどということは。。。連綿と続いてきていまだに無くならない戦争の歴史を見ると。。。

 変わらなき影の鋭き原爆忌

 風死して天満宮の白き砂

 ものの皆熟れる匂ひや夏の果て

P8013522_640x480
P8013533_640x480

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/62041681

この記事へのトラックバック一覧です: 2015文月の句:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。