« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月22日 (火)

再び湯村山

春分の日、朝起きると雲ゆきは今一つパッとしない。
しかし、来週は句会の予定だし、先週は広沢寺裏のボルダーもパッとしなくて今週はとにかく岩を触りたかったので、ちょっと遅くなったが出かけることとした。
とりあえず、天気予報は芳しくないので、晴れが多いと思われる甲府に行くこととした。

一人なので、節約のために下道で行く。途中、小雨がぱらつくがかまわず突き進むと、笹子峠を越えると甲府盆地は青空。
さすが、甲府盆地。
湯村山には、以前は緑ヶ丘公園から行ったが、ジムで甲府出身の仲間に、その先の電波塔の所から行った方が近いと聞いて、そちらに向かう。
なるほど、売れそうもない分譲地の突き当りに駐車スペースがあり、杣道が上に続いている。
支度をして、杣道を登って行くと、緑ヶ丘公園からの道に出て更に上に行くと展望台に出る。時間は13:00過ぎ。

今回は一人なので、適当に岩を探しながら登るつもりだったが、前回来た時に教えてもらったエリアにまず行ってみる。

013_640x480

ここでは、最初の取り付いた4-5級の課題が下地がちょっと狭く、思い切って体を動かせずに4回ほどやって敗退。

その後は、前回敗退した4級を何とか登って、その下の岩の6級位と5級位を登って(これは何回も苦労してやっと上る)、そのエリアは終了。

017_640x480

移動して、チョークの跡がある岩のシットダウンスタートに失敗して、立スタートの6級位でお茶を濁す。














020_640x480

その後は、結局車を停めたところに戻る途中の送電線の鉄塔そばの7-8級位を2本登って終了。

 










17:30に帰路に着く。
帰路も下道で、20:45頃に帰宅。
この日は暖かな一日だったが、湯村山は、あとひと月もすると草と木の葉がうるさくて登る気がしなくなるだろうな。

続きを読む "再び湯村山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

和田峠はやはりきつかった

3月3連休中日の土曜日は、前の週に失くしたデジカメの代わりを買いに行った。
今度買ったのは、前のカメラよりすこしは高いもの。とはいえ、下から何番目の物なので、まあこのブログに適当な程度の品です。近所の家電量販店でいくつか見てみたが、自分にとっては、サイクルジャージの背中のポケットに入れてかさばらない小型軽量という基準が、どうしても優先してしまいます。まあ、あまり高級なものは大きくて自動的に却下です。

日曜は天気もあまり良くなかったがとりあえず自転車に乗った。
どこへ行こうかと思いながら走っているうちに、なんとなく陣馬街道に入っていたのでそのまま走り続ける。
夕焼け小焼けの里をすぎて、陣馬高原下に曲がらずそのまま直進、醍醐林道に入る。醍醐林道は昔マウンテンバイクで走ったことがあり、落石がごろごろしたあまり良い道ではなかったが、行けるところまで行こうと走って行くと、途中左に林道ゲートがあるところでサイクリストに声をかけられる。曰く、盆堀林道はこちらかと?違いますよと話し、どこまで行ったかと聞くと林道の途中で引き返してきたとのこと。

その人と別れて、林道を登って行く。途中、ゲートがありそれを越えて更に行く。途中、上からトレランの人たちが走り下りてくる。こちらは、足を着く。杉の小枝が道に散乱し落石の多い急傾斜の道で、何度も足を着いて休むようになる。トレランのグループは、何組も下りてくる。

Dsc00007_640x480

ようやく 少し傾斜がゆるくなってながく乗れるようになると醍醐林道の最高点も近い。最高点でまた一休みしていると、サイクリストが一人登ってきて先に進んでいく。
舗装路が終わり、少しダートの道を下ると和田峠にひょっこり出る。

003_640x480

和田峠からは、そのまま陣馬街道を下って、帰路に着く。


















コース
自宅-高尾警察-陵南公園-美山通り-陣馬街道-醍醐林道-和田峠-陣馬街道-高尾街道-つつじ山トンネル‐めじろ台‐自宅


走行 50.8㎞ 平均16.7km/h うーん、登りの平均速度が全体を引っ張って遅くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

遠くまで先週のサイクリング、ボルダー探しとハイキング おまけ

先週は、土曜日にサイクリング、日曜は天気の具合を見て、以前webで見て気になっていた広沢寺のボルダー探しに行った。

まずは、サイクリング

梅祭りの裏高尾で俳句仲間が吟行をするというので、会うことができらかなあと自転車で向かう。
梅祭りは、結構人出が多くとても知り合いに出会える様子ではない。
結局、小仏峠の舗装路終点まで登って、中央道を超えた先の梅園によって、終了。
その後は、浅川土手から片倉城址へ回って帰宅。

走行 40.7㎞ 平均18.7km/h

日曜は、雲が多く遠くまで行くのもちょっと気がのらなく以前webでみて気になっていた広沢寺温泉のボルダー探しに出かけた。

広沢寺温泉は、弁天岩で有名だがその手前の小沢沿いにいくつかボルダーがあるとの記事を見て、いざ出発。
駐車場に停めて、小沢に入るとなるほどすぐに小さなボルダーがある。3m位で正面はうす被り。ボルダー上は苔だらけだが、正面には苔もなくうっすらとチョーク跡も。
しかし、この正面はとても難しく、細かなホールドしかないので離陸もできず。
結局、正面右のカンテライン(5級位)を登って、沢の上に行く。

ところが、両側面に傾斜の緩い岩場があるだけで、ボルダリングできそうな所は見当たらない。ちょっと行くと、開拓中なのでクライミングは遠慮してくださいとの表示のあるテーブルが置いてあって、岩にボルトが見える。その先には堰堤が2か所。
たしかに、開拓すればルートは出来そうだが、ボルダリングはちょっと無理かな。
堰堤の先は沢に藪が懸っていて、どうも先へ行く気がしない。

2番目の堰堤から戻ることにする。すると、害獣駆除というハンターが数名登ってくる。これから下るのかと聞かれて、そうだと答えるとこれから、鹿と猪を狩るのだとのこと。

結局、その後は、鐘ヶ嶽という小山(590m)にのぼり、浅間神社から下って広沢寺温泉の駐車場までハイキング。
鐘ヶ嶽は、小さい山だが遠くから見ると釣鐘型で、山頂付近は急登だ。山頂にはハイカーが一人。下りは神社の石段を下って、途中下地が良ければ登れそうなボルダーがいくつかあったが、こんなところまでわざわざ来ないよなあと思いながら下る。

まあ、適度な運動で良かったです。ちなみに、今回はマットは車に置いたままでした。

おまけ、
さて、駐車場から帰るときうっかり車の後ろのバンパーにカメラをちょっと置いてそのままうっかり走り出してしまうというミス。
カメラはなくなってしまい、今回は梅の写真もボルダーの写真も、鐘ヶ嶽の写真もなしです。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

緋寒桜

2月末の週末は、土日と句会が連続してあり運動不足になりかけたので日曜の午後に少し自転車に乗った。

コースは、
自宅-法政大学-川尻農協-小倉橋-相模川右岸-高田橋-田名-滝坂-川尻農協-法政大学-自宅

走行 29.1㎞ 平均20.4km/h

いつも走っているようで、滝坂は今度初めて通ったところ、また相模川の段丘上に緋寒桜と思われる花が満開の木があり、思わず犬を連れた散歩の人ときれいですねと言い合ったものでした。

P2284409_640x480

風情のある滝坂













P2284410_480x640


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »