« 和田峠はやはりきつかった | トップページ | パンク »

2016年3月22日 (火)

再び湯村山

春分の日、朝起きると雲ゆきは今一つパッとしない。
しかし、来週は句会の予定だし、先週は広沢寺裏のボルダーもパッとしなくて今週はとにかく岩を触りたかったので、ちょっと遅くなったが出かけることとした。
とりあえず、天気予報は芳しくないので、晴れが多いと思われる甲府に行くこととした。

一人なので、節約のために下道で行く。途中、小雨がぱらつくがかまわず突き進むと、笹子峠を越えると甲府盆地は青空。
さすが、甲府盆地。
湯村山には、以前は緑ヶ丘公園から行ったが、ジムで甲府出身の仲間に、その先の電波塔の所から行った方が近いと聞いて、そちらに向かう。
なるほど、売れそうもない分譲地の突き当りに駐車スペースがあり、杣道が上に続いている。
支度をして、杣道を登って行くと、緑ヶ丘公園からの道に出て更に上に行くと展望台に出る。時間は13:00過ぎ。

今回は一人なので、適当に岩を探しながら登るつもりだったが、前回来た時に教えてもらったエリアにまず行ってみる。

013_640x480

ここでは、最初の取り付いた4-5級の課題が下地がちょっと狭く、思い切って体を動かせずに4回ほどやって敗退。

その後は、前回敗退した4級を何とか登って、その下の岩の6級位と5級位を登って(これは何回も苦労してやっと上る)、そのエリアは終了。

017_640x480

移動して、チョークの跡がある岩のシットダウンスタートに失敗して、立スタートの6級位でお茶を濁す。














020_640x480

その後は、結局車を停めたところに戻る途中の送電線の鉄塔そばの7-8級位を2本登って終了。

 










17:30に帰路に着く。
帰路も下道で、20:45頃に帰宅。
この日は暖かな一日だったが、湯村山は、あとひと月もすると草と木の葉がうるさくて登る気がしなくなるだろうな。

|

« 和田峠はやはりきつかった | トップページ | パンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び湯村山:

« 和田峠はやはりきつかった | トップページ | パンク »