« 再び湯村山 | トップページ | 花見サイクリング »

2016年4月 2日 (土)

パンク

これはこの前の日曜の話。h
サイクリングに出かけた。コースは、適当に気の向くまま。
出がけに、タイヤの空気圧がちょっと低目だなあと思っていたが空気ポンプの口金がだいぶ前から漏れていて、苦労しているのでまあ良いかとそのまま出てしまう。

家を出てから選んだコースは、結局

自宅-湯殿川-高尾-浅川土手-ひよどり山トンネル-16号-羽村取水堰往復-浅川土手-片倉城址-湯殿川-自宅

走行61.8㎞ 平均19.5km/h

003_640x480

007_640x479

さて、それは多摩サイの立川公園を出たところで発生。ちょうど、小さな木の橋を渡って右へ狭い道へ出るところ、以前からちょっと道があれていて段差がある。ひとを避けようとその段差に突っ込んでしまい、あえなくシューッと音がして前輪パンク、そのすぐ先の駐車場に入ってチューブ交換。さて乗ろうと思ったら後輪も空気が抜けている。アチャー後輪もパンクしていた。残念ながらスペアチューブは1本しか持っていないチューブをはずして空気を入れて、音でパンク箇所を探して、パッチを貼って。。。という作業に取り掛かっていたところ、一人のサイクリストに声をかけてもらう。
パンクして、チューブを1本しか持っていなくて、と話をすると、その人はチューブを3本持っているから、上げましょうと言ってくれる。
ありがたい話で、それではといただくことにして1000円を差し出すと、チューブはそんなにしないからもう1本上げると言われる。それではこちらが、儲かってしまうのでというと、ならばチューブ2本くれるというので、それではと1200円で2本のチューブをいただいて、後輪も直して再出発。

いやーありがたかった。

ところが、悪いことはまだ続く。片倉城址でひと休みして帰宅すると、何と前輪がフカフカになっている。スローパンクだ。
何とか、帰れたからよかったが一日に3本もチューブを駄目にしてしまうなんてなんと運の悪い日だったのか。
後のパンクも、きっと手押しポンプで空気圧を500kPaしか入れなかったんで、気を付けて走ったのだがどこかでリム撃ちをしてしまったんでしょうね。


|

« 再び湯村山 | トップページ | 花見サイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンク:

« 再び湯村山 | トップページ | 花見サイクリング »