« 夏休みのサイクリングその1 落車1回 | トップページ | 小仏峠下と和田峠 »

2016年8月15日 (月)

夏休みのサイクリング その2 2回目の落車

13日は12日の疲れが残り家でゴロゴロ。本を一冊読む。
13日は、また自転車に乗る。
何となく、お盆休みは交通量が少ない気がして、都心方面へ行ってみようと思う。
自宅から、甲州街道に出て都心まで行って帰ってこようという魂胆だった。
ところが、案に相違して甲州街道は、日野橋を渡ると結構交通量が多い。そこで、多摩サイに進路変更。快調に進む。
と、水神前(?)の未舗装路らまた舗装路になるあたりで、道の中にある縁石に気付くのが遅れ見事落車。

Dsc00469_1

写真の、多摩サイ真ん中辺に縁石があった。
土手の下にある公園のトイレで傷口を洗い、とりあえず持参のパンを食べる。しかし、都心まで行こうという気は失せていて、食事後、多摩サイを引き返す。
しばらくすると、後輪がごつごつ言い出し、見事にパンク。落車した時にはパンクの様子はなかったのに。。。
ところがこの日はあろうことか、いつも自転車につけているサドルバッグを外してきていたのに気が付く。
ということは、スペアチューブなし。パンク修理できず。ポンプは持っていたのでスローパンクならごまかしながら乗れるかと空気を入れてみるが、とても乗れるまでは入らない。

家に電話して、なんとかスペアチューブを持ってきてもらうように頼む。
自分は、少しでも戻り、家人が来やすいところに行こうと、自転車を担いでしばらく戻ると、京王多摩センター線の鉄橋のところまで戻る。

Dsc00470

そばの公衆トイレと神社のある場所に行って家人を待つことにすると、そこにいた親切な方が、自転車を担いでいたけどどうしたのかと聞いてくれる。おもわず、パンクしてスペアチューブを忘れてというと、じゃあ自分のを使って良いと言ってくれる。まあ、ありがたいことだ。ただでは申し訳ないので何とか、実費だけ受け取ってもらい早速、タイやレバーも借りてチューブ交換。

何とか変えることができました。


走行 62.4㎞ 平均21.3km/h

|

« 夏休みのサイクリングその1 落車1回 | トップページ | 小仏峠下と和田峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みのサイクリング その2 2回目の落車:

« 夏休みのサイクリングその1 落車1回 | トップページ | 小仏峠下と和田峠 »