« 乗り初め 初不動 | トップページ | サイクリング後3本ローラー »

2017年1月10日 (火)

登り初め OTBボルダ

2017年になって初めてのボルダリングは3連休の初日の土曜。もっともジムには5日に行ったが、ジムはただジムです。

さて、この時期御岳は混んでいるし遠くまでいくのもちょっとかったるかったので出かけたのはOTBボルダ。ここは、web上にトポも発表されてるので、あえて頭文字にする必要もないのだろうけど、ちょっとカッコ良いのでこう呼びます。

さて、朝起きてからwebからトポを印刷したりしていたので、現地に着いたのは12時を過ぎてしまった。
トポを見ながら、林道をうろうろしてみるが上流側というエリアの折口が良く分からない。まあそれでも小さな岩を見つけたので行ってみようと、マットを背負って歩き出す。

Dsc00974_1

まず見つけたのは、この岩。河原の岩の特徴でツルツルしている。しかし、これはちょっと手ごわそうなので後にすることにして、まずは川とは反対にある林の中の簡単な小さな岩へ。こちらは、シットダウンで、8級位とまあアップにもならないけれど、とにかく登ればよい。






Dsc00978_1

次に、さらに上流の本流に流れ込む沢の途中にあるちょっと大きめの岩へ。高さは5m位。下部は垂壁、上部はややかぶり気味。
ここは、壁の中央に顕著なラインがあるが、スタートホールドに足で立つまでは簡単だが、その上の薄かぶり気味の部分からちょっと難しくなる。結局、4・5回やって解決できず。

Dsc00980_1







 



その後Dsc00985_1 は、下流側に移動。
岩大きいです。
右のクラックは5.11、左は5.9とのこと。
私は、左のクラックがフットホールドが苔で滑るのでさらに左に逃げて(写真の木の裏)、8級。
岩全体は、7-8mの高さがある。






Dsc00990

さらに下流には、こんな岩も。
これは、下のかぶっているところが2.5m位はあり、上のスラブは10mはあろうかというもの。
下部に4・5級から初段程度の数ラインがあり、上部は右端が登られているとのこと。






その後は、車に戻るべく上流側に行くと、川から離れたところに、大小5・6個のボルダーがある。
Dsc00991_1
そのうちの一番下の小さな岩は、登られている。私もトポではシットダウンのところを立ちスタートでやはり8級。










Dsc00995_1

上には、7・8mクラスのこんなボルダーが。

ただし、ここは沢の取水口の上なのでごみなどは厳禁。

おまけ
この日は本当に寒くて、モチベーションは全然上がらず。
翌日から、風邪気味となり連休の残りは読書のみでした。

おまけ2
思わず出た句

昼食の餡パン寂し寒の空








|

« 乗り初め 初不動 | トップページ | サイクリング後3本ローラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登り初め OTBボルダ:

« 乗り初め 初不動 | トップページ | サイクリング後3本ローラー »