« 某ボルダー巡り | トップページ | 句会のちサイクリング »

2017年2月19日 (日)

某岩場で

今日は、某岩場に行った。

ここは、以前から気になっていたところだが所在が不明だったのを何とか割り出してみた。といっても案外簡単に分かったのだが…

Dsc01044_1

岩場に着くと、3名の先行者がいた。なにしろ初めての岩なのでとりあえず挨拶をして、ここを前から登っている方かと聞くと、その友達の友達とのこと。話をしているうちに、そのうちの2人は以前 瑞牆であったことがある人たちとわかる。まあ、世間は狭いものです。

かなり大きな岩に、両端に4級、中央に1級・初段、2段などの課題があるそうだ。
そこへ、子の岩場を開拓していたという業界の著名人もやってきて、この岩だけでなく近くの岩の課題も教えてもらう。この人は、連れの方とハイキングとのこと。

Dsc01042

とりあえず準備をして、先行の一人がやっていた左端の4級を一緒に触らせてもらう。結局、その人が登って、私も何とか上る。岩の上に上がってからスラブを登るのが簡単だがあまり人が登っていないので砂が浮いていたり滑りそうで怖い。






Dsc01043_1

そのあとは、この岩の看板課題のひとつを、皆さんと一緒に触る。一人は、何回も上まで行っているが、リップを取るのにためらって降りてくる。
もう一人と4級を一緒にやっていた人と合わせてこの課題をやる。

とうとう、最初に触っていた人がリップを取って、マントルを返し登りきる。マントル返し後、砂がパラパラ落ちて来るので最後も結構危なそうだ。

それ以外の課題も触るが、中々手ごわいものばかり。また、登る人が少ないので岩がまだ安定していなくて、ホールドが欠けたりしているようだ。

結局、この日はだんだん指皮が無くなり、指から血が出たりして先行者が帰るというのに合わせて私も3時前に帰る。

この岩場、気に入りました。多分、4・5月までは何とか登れそうなのでまた来ようと思う。

Dsc01047_1

|

« 某ボルダー巡り | トップページ | 句会のちサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某岩場で:

« 某ボルダー巡り | トップページ | 句会のちサイクリング »