2017正月の句

あけましておめでとうございます

年が改まり、気持ちも新しくまた365日、太陽の周りを一周するまで俳句を作り続けようと思います。

さて今年の歳旦三つ物は

 元旦や旅のめざめに波の音   秋櫻子
 飛沫を染めて初日の昇る     石人
  冬木の芽日ごと紅色濃くなりて 石人

というもの。

Dsc00934_1 今年も例年のごとく近所で初日を拝した。

すっきりと快晴の下、谷戸の向うの雑木林に初日が昇る。










これまでずっと”今年こそは”と、思うことが多かったが、
だんだん、今年も良いことがありますように、と思えるようになってきた。
なあに、去年はとても良いことがあったというわけではないのだが、まあ悪いことは忘れて物事の良い面だけを見るようにすればよいのだと思い至ったということですね。

 初東風やほろ酔ひの頬撫で行けり

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。