2017長月の句

秋も深まり10月半となろうとしているが、昨日今日は夏日。半袖でも汗ばむ位だった。
さて、大義なき衆議院解散で総選挙。
某国の某首相は、自分を俎に上げて人気投票をおこない、自分の不明を隠そうとしている。

片や、野党第一党だった民進党は解体寸前というかほとんど解体し多様だ。ところで、参議院や地方の民進党員はどうなったのだろう。

というわけで、時事句ができてしまう。

 秋暑し選挙の声の猛々し

 体育の日の号砲や選挙カー

 突然に選挙のこゑや秋の風

口直しの蛇笏二句

 地と水と人をわかちて秋日澄む

 芋の露連山影を正しうす

Dsc01550_1

Dsc01555_1

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/65905555

この記事へのトラックバック一覧です: 2017長月の句:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。