« とある岩場 野猿完登 | トップページ | 梅見サイクリングと散策 »

2018年3月15日 (木)

また とある岩場へ

この前の日曜に、またとある岩場に行った。
この日は、少し前に雨が降ったので、岩場に行く途中の沢の水が増えていた。
岩場に着くと、家族連れのボルダラーがいて、エバをやっていた。
4歳の子どもが一緒で、かわいらしい。

Dsc01866_1

挨拶をして、私はオールドルーキーを触ってみる。
中々離陸もできない。

そうこうするうちに、この岩場をウェブで紹介した人がやってきた。話を聞くと、雨のあと下の岩場の様子がどうなったか見に来たとのこと。
色々と話をさせてもらう。

話を聞きながら、何とかオールドルーキーの離陸ができるようになる。何しろ立ちスタートでも
、背の高い人とは一手多くなるのです。
離陸率は高くないが、とにかくコツはわかってきた。

最初にいた人は、奥さんと子供がハイキングに出かけたので、集中して登ることができたのか、超エバを登る。雨でマントル返しが悪そうだった。

私は、オールドルーキーをあきらめ、GTを少し触ってこの日は終了。

Dsc01867_1

帰りに、開拓した人にもう一か所の岩を案内してもらった。

春のシーズンは、あと2・3回来ることができるだろうから、何とか一つくらいは登りたいものです。

|

« とある岩場 野猿完登 | トップページ | 梅見サイクリングと散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また とある岩場へ:

« とある岩場 野猿完登 | トップページ | 梅見サイクリングと散策 »