« 祇園祭 宵々山 | トップページ | 6月、7月のサイクリング 続き »

2018年7月22日 (日)

瑞牆の忘れ物回収

7月の3連休初日、4月の末に瑞牆に忘れたクライミングシューズを、2か月以上たってようやく取りに行った。

ということで、2か月以上ぶりに花崗岩を触ってきた。

しかし、力が落ちているのは否めない。
忘れ物というか落とし物のクライミングシューズを取ってから、裂けた青空に行く。

Dsc02033_1

ここには、先客がいてマットが3枚も敷いてある。
私のへたれマットも加えて万全の条件。

先客は、富山から来たとのこと。遠いでしょうと言ったら、下道4時間くらいとのことで私と変わらない。

そのうちの一人に、カンテの持ち方が腕に力が入って肘が曲がっていると指摘される。なるほど、そこを意識すると楽である。しかし、前回より右足が一歩あげられた(一回のみ)ほかの進歩なし。
結構滑っていてと、言い訳をして終了。

次は、カラクリ。力はいらずスタートを2回止めただけで終了。

Dsc02034_1

その後は、モチベーションが下がり、そのまま帰ろうかと思ったが、これではいけないとガリガリ君へ。

Dsc02035_1

こちらは、一手進歩してなんとか次回へ繋げられそう。
ところで、瑞牆はすいていました。

|

« 祇園祭 宵々山 | トップページ | 6月、7月のサイクリング 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆の忘れ物回収:

« 祇園祭 宵々山 | トップページ | 6月、7月のサイクリング 続き »